ZWIFT画面を大きくしてみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

さて、ZWIFT環境がなんとか旧に復したところで、
接続・ブラウズ機器周りの話です。

まず自分のデジタル環境がApple主体。
使っていると「信者」「お布施」呼ばわりされた
時代からのAppleユーザーなのですが、
最近Wi-Fi完備の喫茶店なんかを見回すと、
MacbookやiPadばかりというApple全盛。
隔世の感に堪えません。
それでもノートパソコンが好きだったもので、
昨年の春までiPadを自宅に導入していませんでした。
iPadを使うようになったことで、
ZWIFTをMacで使うかiPadで使うか、
という贅沢な選択肢を持つことになりました。

・・正確には、そう錯覚しました。
ZWIFTをインストールしたのは、
すでにバッテリーがヘタって
最近ではデスクトップマシンと化しつつある
Macbook proの2012年モノです。
狭い室内とはいえ、テーブルに置いて
自転車から眺める画面としては小さく、
正直臨場感に欠けます。
iPadなら顔により近く置くことで
その不足を補うことができるだろうと考えました。
それでiPadスタンドを用意したり、

AKEIE スマホ & タブレット スタンド or ホルダー 4〜10.5インチ対応 for iphone ipad mini ipad air2 Android Nexus 7 REGZA Xperia Galaxy SONY Kindle (ブラック)がスタンドストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日...

Lightningコネクタを買い足してみたり。
それを使い、ANTスティックをiPadに
接続してみました。

ガーミン フィットネス機器用 USB ANTスティック 並行輸入品がUSBメモリ・フラッシュドライブストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

すると「この機器はiPadでは使えません」的な
メッセージが出ました。

「ANT/ANT+ とは」

つまるところ、先述のApple不遇の時代
Macが装備しながら先進的過ぎて
鳴かず飛ばずの時期がやたら長かった
BlueToothと似たような通信規格らしい。
上記記事は2011年で、
現在ではBlueToothが幅をきかせ
「ANT/ANT+」規格ナニソレの勢い。
ZWIFTアプリはどちらもサポートしているものの、
環境構築時の機器選択においては
ANT/ANT+かBlueToothかは要注意なのでした。
しかしBlueToothを育て上げたと言って過言ではない
Appleの製品がANT/ANT+に対応する筈もなし。
ANT/ANT+のGarmin系センサー類で武装した
我が自転車ではiPad + ZWIFTを実現することは
あきらめなくてはなりません。

そこでふと思い出したことに。
そろそろ骨董品の域に入りかけている我がデスクトップ
もといMacbookには、HDMIの口が付いていたのでした。
購入以来一度として使わなかったので、
忘れるというより初めから認識していませんでした。
これTVに接続すればいいんじゃね?

またぞろケーブルとかコネクタ購入かい、と
Amazonで安いHDMIケーブルを探していると、
そんな自分に既視感がありありなのです。
PS3とか4とかDVDとかブルーレイのHDDレコーダを
購入する際にこんなことを繰り返していた記憶です。
ケーブル・コネクタ類のガラクタ箱を引っかき回してみると、
案の定未使用のHDMIケーブルが数本出てきました。
この日のために購入しておいたとしか思えません。
MacのHDMIポートにつないで、
TV側の入力切り換えをしてみると。
なんとこれが映る!(当たり前か)
ネットで調べてみると、
このMacの2012年辺りを境に
AppleはHDMIサポートに力を入れておらず、
(Apple TVを使えという方向に転換したらしい)
MacbookシリーズからHDMIポート口は
姿を消しているらしい。
古いとばかり思っていたものが、
ここに至って奇跡の一台だったことが判明。
彼の買い替えまでの寿命も延び、
こちらもお財布的にも大助かりです。

TVモニターももはや10年選手であるものの、
大(?)画面で見るZWIFTの臨場感たるや
ノートパソコンの比ではありません。
素晴らしい素晴らしい!

とはいえTVも4Kだの8Kだのと
またぞろ次の局面に向かっている昨今。
現役Macbook Proの続投が確定したところで、
TVモニターに物欲の目が向かないでもない
今日この頃・・・。

しかしそこに我が憐れなるお財布環境を
揺るがす新たな問題が発生するのです。
続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ