観光地「養老渓谷」は素通りで/養老渓谷9

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

続きです。

もうかなり食傷気味のアップダウンですが、
まだまだ新たな様相をみせてくれる房総丘陵。
自転車は南下を続けています。
(時は2017年11月・・・)

房総丘陵風景

房総丘陵風景

その落差によるこんな素晴らしいパノラマも
見かけることができました。
パノラマというよりジオラマみたい。

房総丘陵風景

同じ平面に下って見ると、
あまりピンときませんでしたが。

房総丘陵風景

房総丘陵風景

房総丘陵風景・養老渓谷

鄙びた紅葉の美しさの中に、
観光地らしい賑わいが見えて来ました。

房総丘陵風景・養老渓谷

Find local businesses, view maps and get driving directions in Google Maps.

いかにも紅葉の名所らしい風景の一端に
心躍らせ・・

房総丘陵風景・養老渓谷立国寺

「源頼朝公ゆかり」「開運招福」の文字は、
自信がある時なら乗り込んで行くところですが。

房総丘陵風景・養老渓谷立国寺

現実は観光客だらけの光景に二の足を踏み、
ペダルを踏むことを選択。
(うまいこと言ったつもり・・・)
観光地見物を回避としてしまいました。

房総丘陵風景・養老渓谷立国寺

房総丘陵風景・養老渓谷立国寺

それでもさすが名所、沿道の紅葉だけで
名所気分が十分に味わえる清澄養老ライン。

房総丘陵風景・養老渓谷

このあたりで、ここまで長らくお付き合いの
養老川とはお別れになりました。

房総丘陵風景・養老渓谷

ここから山の紅葉に集中です。

房総丘陵風景・養老渓谷

沿道の紅葉を一番楽しめるのは、
徒歩でも車でもなく自転車ではあるまいか・・。

房総丘陵風景・養老渓谷

房総丘陵風景

そんな県道81号・養老清澄ラインを離れ、
国道465号に交差する十字路を左に折れます。

想定したルートでは国道465号を右折して
さらに南下し、
久留里線の終着駅・上総亀山駅から
輪行して東京方面に帰るつもりでした。
しかしここまで辿って南下した小湊鐵道に
乗って帰る考えに急遽改めました。
上総亀山駅近くの亀山湖の周遊を考えての
久留里線帰りとしていたのですが、
高滝ダムと高滝湖に立ち寄ったことで
湖とダムにもう満足してしまっていたのです。

房総丘陵風景

そういうわけで、GPSで位置はわかるものの、
斜度など事前の調べがないゾーンに突入です。

房総丘陵風景

そういう時に限って、
単なる「房総半島のアップダウン」と
片付けるにはいかない上りだったりします。
こちらのエネルギーが無くなり、
空も夕刻を示し始める中、
立派なヒルクライムとなってしまいました。

房総丘陵風景

しかしその労を補うかのように国道465号、
観光地でもないのに紅葉がやたら美しい。

房総丘陵風景

房総丘陵風景

房総丘陵風景

紅葉と峠のどちらに惹かれたか、
観光地「養老渓谷」では見かけなかった
サイクリストも現れたりします。

房総丘陵風景

房総丘陵風景

房総丘陵風景

房総丘陵風景

紅葉だらけの峠道を、
自転車はひたすら進みます。

房総丘陵風景・庚申塚

房総丘陵風景・庚申塚

洞窟を利用しているらしい庚申塚と
馬頭観音のセットも道の賑わいです。

房総丘陵風景・庚申塚

房総丘陵風景・庚申塚

しばらく離れていた小湊鐵道と再び見えます。

房総丘陵風景・庚申塚

国道465号は県道32号と合流。
久しぶりに人家の数も増えてきて、
文明に復帰した感じ。

小湊鐵道・上総中野駅

小湊鐵道・上総中野駅に到着です。

あと少し、続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ