釣り客見物の高滝湖周遊/養老渓谷5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

続きです。

養老川と小湊鐵道に沿って市原市を南下中、
自転車は紅葉の高滝湖の周遊に入っています。
(時は2017年の秋です。念のため)

養老川風景・高滝湖

残念ながら雨で濁った養老川、
その養老川が流れ込む高滝湖も当然の土色です。
加茂橋を渡りますが、
レイクラインの景観は台無し気味です。

養老川風景・高滝湖

養老川風景・高滝湖

養老川風景・高滝湖

レジャーに強い湖のようです。

養老川風景・高滝湖

湖岸まで降りて見た景色。
橋と鳥居とラーメンの赤が映えます。

養老川風景・高滝湖

黒い展望塔は富津で見たカラカッサ、もとい
「明治百年記念展望塔」を思い出します。
登れるんでしょうか。

カラカッサでは如何か/上総・東京湾3
続きです。 第2のターゲットである富津公園を目指し、 自転車は快調に進みます。 路側帯が広い。 富津岬の突端を目指すのです。 「南房総国定・富津公園」の入り口に至りました。 (南房総だ...

釣り施設には釣り客がたくさんで、

養老川風景・高滝湖

自前のボートを牽引してやって来た車も
いくつか見られました。

養老川風景・高滝湖

養老川風景・高滝湖

レイクライン沿いに進むと、
「市原湖畔美術館」の奧に展望塔があり、
根元に向かってみます。

市原湖畔美術館は、2013年8月にリニューアルオープンした、千葉県市原市南部 に位置する高滝湖を臨む美術館です。

養老川風景・高滝湖

裏手に進む小道では、意外にもバイクスタンド。

湖を一望できるスポットでもありました。

養老川風景・高滝湖

オープンなカフェもあり。

養老川風景・高滝湖

養老川風景・高滝湖

展望台は非常に魅力的ながら、
登るにはちょっと時間がかかり過ぎる懸念から、
眺めるだけにしておきました。

養老川風景・高滝湖

その向こうには加茂橋からも眺められた
(おそらく)ヤゴのモニュメント。

養老川風景・高滝湖

湖面に張られたロープでボートを固定して
釣りに専心するちょっとユーモラスな風景。
広い湖に何を固まる必要が、と思いましたが
なるほど効率的ではあります。

養老川風景・高滝湖

養老川風景・高滝湖

湖畔付近に見かける調整用らしい池も、
余すこと無く茶色なのでした。

養老川風景・高滝湖

そんな風に高滝湖を後にします。

養老川風景・高滝湖周辺

サイクリングコースの案内も見つけました。
もっとも付近ではサイクリストも目にしておらず、
案内も見かけたのはこれくらいだったので、
小湊鐵道・里見駅発の高滝湖観光客向けの
ご近所サイクリングコースだったのだろう、
という想像です。

養老川風景・高滝湖周辺

ようやく思い出す今回のテーマ、紅葉見物。

養老川風景・高滝湖周辺

しばらく丘陵と養老川の渓谷に広がる紅葉を
楽しめるサイクリングが続きます。

養老川風景・高滝湖周辺

湖を離れても「レイクライン」の通過中は、
どこからでも釣り客が湧いて出て来ます。

養老川風景・高滝湖周辺

あるいは川沿いの林を見渡すと、
どこかにぴょいと釣竿が伸びているのでした。
動物の隠し絵の絵本を思い出しました。

養老川風景・高滝湖周辺

養老川風景・高滝湖周辺

養老川風景・高滝湖周辺

いくらか紅葉がきれいに見え始めたこの辺、
水も不思議と澄んできました。
湖と上流の濁りは何だったのでしょう。

養老川風景・高滝湖周辺

養老川風景・高滝湖周辺

ようやくレイクラインを離れます。
元の県道81号・養老清澄ラインに復帰し、
目指すはいよいよ「チバニアン」。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ