高くなくても高滝ダム/養老渓谷4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

高滝ダムの上を自転車は滑ります。
静かなダムで、車以外では
バイクのツーリング客がたまに、
サイクリストは一人くらい見かけた気がする程度。

養老川風景・高滝ダム

養老川風景・高滝ダム

高滝ダム(wikipedia)

養老川風景・高滝ダム

残念なことに濁った水に、

養老川風景・高滝ダム

紅葉もダムもイマイチ映えず。

養老川風景・高滝ダム

養老川風景・高滝ダム

そしてもう一つ。
このあたり、標高がせいぜい30m程度。
これほど低い場所にあるダムを訪れたことは
ちょっと記憶にありません。
我がホームの多摩湖・村山上ダムは元より、
同じ千葉県で大山千枚田行きの際に通りかかった
三島ダムでも標高100mはあったのでした。

房総半島にて棚田を探したのだ(5)ダムひとつトンネルたくさん・・・
続きです。 苫小牧発仙台行きフェリーならぬ 木更津発(想定)棚田行き自転車、 です。 ルート地図を再掲です。 その中では、 国道465号線を南下してきて、 同410号線に入るところまで やってきました。 と...

養老川風景・高滝ダム記念館

高滝ダム記念館が青空に白く眩しい。

養老川風景・高滝ダム記念館

湖畔の見晴らし良し、
バイクスタンドも有り休憩にも良し。
ただそれでも休憩を取る気にならなかったのは、
ひとえに脚に負荷をかけ高度を稼いだという
満足感に不足があったためです。
このあたり、あまりサイクリストの姿を
見かけない理由の一つかもしれません。
自分としては、
どうしても脚力の落ちている春先なんかに
走りに来るのが適当かもしれないと思いました。

養老川風景・高滝湖

高滝湖の周囲をぐるり廻って、
寄り道から復帰を目指します。

小湊鐵道風景

途中、再び小湊鐵道と交わります。

小湊鐵道風景

振り返ると
小湊鐵道の踏切と紅葉の山がいい感じで、

小湊鐵道風景

そしてそれを狙う鉄ちゃん。
おそらく時刻表でターゲットを
絞り込んでいるであろう彼の狙いは
きっと「里山トロッコ」なんでしょう。

小湊鐵道の車両(wikipedia)

小湊鐵道風景

小湊鐵道風景

高滝湖に向け久方ぶりの丘を上ると、
(犬は喜び庭駆け回り・・な心地)

小湊鐵道風景

小湊鐵道・高滝駅とその向こうに高滝ダムが
ジオラマのように一望できるのでした。

養老川風景・高滝湖

再び高滝湖の南側・本体部分に出ます。

養老川風景・高滝湖

ここから千葉県道168号「レイクライン」

養老川風景・高滝湖

養老川風景・高滝湖

養老川風景・高滝湖

自転車で高滝湖周遊、続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ