房総丘陵の水たまりや何か/養老渓谷2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

続きです。

自転車はJR内房線・五井駅を発し、
市原市の北部から市原市のブラウジングを
開始です。

千葉県ではここまで場数もペダルも
さほど踏んでいる訳ではありませんが
(うまいこと言ったつもり)
東京に近い駅の周辺はベッドタウンの色が強く、
房総丘陵のアップダウンがあちこちにある割に
走ってさほど面白くない印象を持っています。
丘はさほど高くないものの、
繰り返しが多いのでヂミに疲れ、
何より風景がさほどでもないので飽きます。

房総丘陵(wikipedia)

千葉・房総丘陵風景

こんな池が住宅地の中に不意に出現したりします。
貯水池なのでしょうが、俯瞰的に見ると
低い凸凹に溜まった水たまりのようなイメージ。

千葉・山倉ダム風景

住宅街を抜けると、山倉ダムに突き当たります。
ダムは養老川から取水。
今回の行程は小湊鐵道下りともうひとつ、
養老川下りの側面もあり。
ご本尊の前に工業用貯水池の形でお目見えです。

山倉ダムの総合情報。ダム諸元、写真、地図など、幅広い内容を掲載。

千葉・山倉ダム風景

人工湖にソーラーパネル・・。
周囲は整備されてとてもキレイなのですが、
味わいとしてはイマイチ。

千葉・山倉ダム風景

千葉・山倉ダム風景

千葉・山倉ダム風景

湖畔の道は自転車禁止の警告は見当たらず。
遠慮して徐行ながら、気持ちよく走れました。

一休みしてベンチで朝食を取っていると、
朝の散歩らしいおばちゃんたちが通りがかって
挨拶をくれました。
「どこから」「東京です」(五井駅スタート補足)
の返事に驚いてもらい、
「ここ、いいところでしょう」
「いいですね」(嘘は言ってない)
「今は養老渓谷なんかいいけどね」
「そこまで行くつもりなんです」
それでまた驚いてもらい、
良い気分になってリスタート。

千葉・山倉ダム風景

千葉・山倉ダム風景

紅葉の中の島を見ながら湖畔を走ります。
遊園施設「キッズダム」がある筈ながら、
その姿は垣間見えず。
展望塔が無いのがちょっと不思議です。

千葉県市原市にある千葉こどもの国キッズダムの公式ホームページです。水に囲まれた緑あふれる自然にふれながら一日中遊べる、こどもの楽園です。

千葉・山倉ダム風景

山倉ダムを離れ、いよいよ市原市を南下です。

千葉・市原市風景

千葉・小湊鐵道風景

目論見通り小湊鐵道と交差しながら、
県道297号・大多喜街道を自転車は進みます。

千葉・小湊鐵道風景

千葉・市原市風景

写真には写っていませんが
広くない大多喜街道、結構な交通量がありました。
小湊鐵道の踏切もその一端かと思いましたが、

千葉・小湊鐵道風景

こんな写真が撮れる代償とも言えます。

千葉・市原市風景

千葉・市原市風景

郊外に入り、風景にも味わいが出て来ます。

千葉・養老川風景

ここでお初の養老川に遭遇。

千葉・養老川風景

今回は小湊鐵道と養老川の下りのちゃんぽん。
養老川下りだけでも一見楽しめそうですが、
サイクリングロードの案内は一度も
見かけませんでした。
ここまでサイクリストの姿無し。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ