冬の輪行とサイクリングで困ること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

屋内トレーニングをあきらめ、
冬も外を走ることにしたのは
一年ほど前になります。
それでウェア類の防寒を強化したのが
前の冬でした。

如何にして室内トレーニングをやめたか?(1)三本ローラー編
寒さにもかかわらず、 外でトレーニングを試みている今冬。 持っていた2種類のトレーニングマシンを 手放したが故ですが、 如何にしてその方法を選ぶことになったのか? その理由を書いていきます。 まずは、トレーニングマシン使用の...

今年は遠出が多くなり、
走行距離そのものは
脇に置いておくとしても
輪行の距離と時間だけは
やたらと増えました。
そういう変化が加わった上で
初めての冬を迎えることになります。
ということを初めて実感したのが、
今週の土曜日でした。

輪行袋を担いで
もっぱら埼玉・西武線で長距離を移動、
ついでに乗り過ごして
乗り換え駅予定の引き返し
早朝のホームで列車を待っていたら
すっかり体が冷えてしまった、
というのがその内訳でした。

元より防寒対策済の服装のつもりでしたが、
全身ほどよく冷え切ったところでよく考えると
着用しているのは
走って体温が上がるのが前提の
自転車ウェアがベースのそれであって、
(バリバリのサイクリストの服装ではない)
駅のホームなんぞで立ったまま
体温を逃さない服装ではなかったのです。
冬の輪行に時間をかけるなら、
そのための服装も必要になってしまうことに、
初めて気が付きました。

これからなんとか落としどころを
考えなくてはいけませんが、
自転車用ウェアとは反対の要求であって
おそらくダウンなんかが最適だとすると、
サイクリング中の荷物になることは避けがたい。
輪行も冬は遠くに行くのは控えるのが吉、
しか解決はないのかもしれません。

その他、
グローブが分厚くフルフィンガーになったため、
GPSがわりスマホやカメラの出し入れ・操作に
手間が大きくなります。
わざわざグローブを外し、
時にはポケットに仕舞う動作が必要になります。
休憩や補給に際し、
外したり仕舞うものが増えるという中で、
両手袋をはじめサングラス、財布、飲み物食べ物、
自転車の鍵とそのキーなぞが
自分の身体の回りやポケットなどを
あちこち移動するのです。
そうして落とし物が発生するわけです。

・・・というわけで早速、
オーバーグラスを無くしてしまいました。

Br'Guras オーバーグラス 偏光サングラス メガネをかけたまま対応のサングラス 跳ね上げ式 UV400 紫外線カット サイクリング、釣り、ランニング、野球 格好いいサングラス! (グレー)がスポーツサングラスストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一...

もはや太陽も冬の弱い光で、
遮光はさほど必要ではありませんでしたが、
時速は平均的に20〜30kmで走り、
虫や砂、埃や小石なんかが飛んでくるのです。
デフォルトで眼鏡をかけていますが、
それでは心許ない。
昔使っていたクリップオンサングラスが
サングラスが吹っ飛んで見つからないなどの
よろしくない事態の予備として
バックパックに突っ込んだままになっていましたが
不幸にもこんな形で役にたとうとは。

SPALDING(スポルディング) クリップオン メガネの上からつけられる ブルーライトカットレンズ CP-9 CBR クリアブラウンがスポーツサングラスストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

帰りはそれでなんとか済みましたが、
オーバーグラスの買い直しが
必要となってしまいました。
目を痛めることは回避できましたが、
懐が痛い。

その他、去年足りていた装備では、
裏起毛のウェアなんかは洗濯なんかで、
毛が薄くなってきた気がします。
このあたりも一度着て試してみないと
追加購入の必要などわからないところ。
結果的に品薄になってから
急いで購入するという毎年のスタイルが
今年も全く改まっていないことになりますが
仕方なし。

もう12月になるところで、
これは師走じゃなく自走だなあ、
と物入りになる月を前に
シャレを考えているところです。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ