春の鳥居観音・名栗湖に行く編(4)観音の顔は何度まで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。
山頂に着きました。
・・・人が一人も居ませんでした。

dscn3463

dscn3468

dscn3476

dscn3492

dscn3466

崖の下、キレイですけど底がわかりません。

dscn3478

向こうの山に観音様が見えます。

dscn3485

観音様の足元に至るには、
尾根沿いの山道を、
隣の山まで行かなくてはならない様です。

dscn3484

距離は全く大したものでは無いようですが、
遠目で見えるそれは未舗装。
しばし考え、
ここで折り返すことにしました。
理由は、
予想外の登山にかなり時間を喰ったこと、
先週のパンクの後遺症により
荒い路面をこれ以上は
回避したい気持ちが働いたこと、
等々。
ブラウジングは遠きにありて思ふもの
そして観音しくうたふもの。・・・。

大変なのは上りだけと思いきや、
下山がこれまた大変でした。
強い斜度に加え路面の凸凹の効果により
普通にサドルに座るだけで
跳ね馬いやロデオ状態。

開運 金色 立ち馬 (跳ね馬 )中 (樹脂製)<風水グッズ・開運グッズ・幸運の置物>2014年の干支 午年の置物 黄金色 立馬の置物 跳馬 ※1配送につき「魔除け厄除け招福かんたん風水八角鏡ミラーステッカー」1セット(4枚組)プレゼント♪が置物・オブジェストアでいつでもお買い得。お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。アマ...
スライヴ 家庭用フィットネス機器 ロデオボーイIIが乗馬マシンストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

滑り落ちる恐怖で三角になった自分の目に、

お寺サイドのクリティカルな助言が目に入りました。

gear

そ、そうかローギアか!
って車?

ブレーキをどれだけ絞っても
落石のように下れてしまいます。
絞りを強くすると急ブレーキ気味になって、
後輪が即、宙に浮き、
自転車ごと前に一回転しそうになります。

ブレーキと片足で地面を引っ掻きながら
ハンドルにしがみつくような格好で
落ちる勢いをせめて緩めたい心地で
滑り落ちてきました。
ようやく下り終えた頃、
お寺サイドの暖かいねぎらいが目に入りました。

dscn3505
・・今以上この後、
何を気をつけることがあると言うのでしょうか。

舗装路に降りると、
新調したばかりの後輪タイヤが
台無しになった気分になりました。
なんちゃってマウンテンバイクしか乗ったことありませんが、
これマウンテンバイク向けのルートだったんでは?
自分バカなんじゃない?
と深く深く反省しました。

さて、
吝嗇もとい用心深い自分は、
実はこの山道入り口の料金箱に
入山時にお金を入れておりませんでした。
早々にリタイアする予想だったもので。
(敵を知り己を知れば何とやら。
自分に全く期待できないことを知り抜いている自分、
流石としか言い様がありません)
予想に反し
曲がりなりにも上ってしまったので(徒歩で)
払うものは払わねばなりません。
ところが財布を取り出したところ、
ラッキいや残念なことに小銭がありませんでした。
やむなく、
また今度ね!な!?
と「君にジュースを買ってあげる」状態で、
鳥居観音を後にすることにしました。

君にジュースを買ってあげるがJ-POPストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

山道を出て少し行くと、
川沿いのレジャーランド前に
自販機がありました。
そこで水分補給をしました。
従って小銭ができたわけですが、
残念ながら料金箱までの坂を再び上る力が
もう無いと判断しました。

きっと観音様の、
またここに来るべしというメッセージなのです。
仏の顔も三度まで。
観音様にはまた今度。
鳥居観音、撤収です。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ