春の鳥居観音・名栗湖に行く編(1)箱根の仇を飯能で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

福井県民をやっていたある時、
「越前大仏」が建立されました。

越前大仏 – Wikipedia

その時分に高校生だった自分は、
金儲けのための宗教施設なぞ、
へっっっ、
とソッポを向いていきがっておりました。
そんな自分も無事、
池袋サンシャインのウルトラマンショー、
お台場ガンダム、
吉祥寺のパトレイバー出現、
そんなものには目が無い大人になりました。

gundam

pato

さて、
鳥居観音、
というややデカめの人型構築物があるのを、
冬の間に知りました。

ネットで探して見た限りでは、
越前大仏なんかよりは、
こちらに近そうな気がしました。

当時、なんやかや繁忙だったのと、
「流行のAR」なんぞ見たかぁないぜのスタンスで
(越前大仏と変わっとらん・・)
見にいけなかった無念が呼び冷まされました。

近くには名栗湖という湖もあり、
暖かくなったら見に行ってみようと
冬の間に決心しました。
そして桜の季節も終わり、
頃合いと見たので出掛けることにしました。

西武池袋線・飯能駅をスタート地点としました。

hanno_eki2

駅前では例によって、
レンタサイクルをざっくり探し。
見当たりません。
(後でネット検索しましたが、
オフィシャルなレンタサイクルは
ヒットしませんでした。
自転車屋さんの有料なんかはある模様)

hanno_eki1

はい飯能スタートです。

スタート直後、
駅ビルの側面ショーウィンドウに
TVアニメ「ヤマノススメ」発見。

susume

よく考えたら飯能は、
主人公らの住む「聖地」なのでした。

人気イラストレーター・しろが描く“女の子だけのゆるふわアウトドア”アニメが帰ってくる!!

店にはちょっと興味ありですが
寄り道も寄り道、
脇道過ぎるので断念です。

スタート地点からわずか10メートルでした。

飯能の街なかは、青梅と似た印象でした。
大正あたりの近代化直後の建物と
昭和が感じられます。
青梅や川越のように
意図的演出まで至っていない
というところでしょうか。

NOVATEK CAMERA

NOVATEK CAMERA

続きます。

<今日のひとネタ>
メカニカル・ドーピングですね。

ベルギーで開催されたシクロクロス選手権に出場した19歳のベルギー人女性選手の使用した車体から隠しモーターが発見されたことが、2016年1月に大きなニュースになりました。発見されていないだけで、他の

去年も、見た目に違和感のない電動アシストスポーツ車が
発売になっていますし。

ヤマハ発動機は、スポーツ自転車の長所と電動アシスト機能のメリットを融合したスポーツ自転車ブランド「YPJ」を新たに立ち上げると発表した。

もうF1みたいに開発力の高いメーカーが勝つとか、
どうでしょう。
なんか別のスポーツになっちゃいますが。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ