風呂屋のペンキ絵か多摩川台公園(3)古墳の集合住宅や!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

上った途端に下りで
アレ? な気分ですが、
多摩川台というくらいで、
台地状になった地に、
エラい人が古墳を作ったらしいです。
丘陵、と書かれたものもあります。
それがやたら幅が狭い、
といったところなのでしょうか。

そもそも多摩川自体が
川に沿った古墳が多く、
多摩川台古墳群は
「荏原台古墳群」の支群の一つなのだそうです。
それらのひとつひとつも年代が違うようで、
文字通りの通りがかりの者には、
なかなか全体像が見えにくい。

荏原台古墳群

以上、
多摩川台公園の古墳について
ネットで見ていて
得られたくらいの知識です。

ほか、あじさいの名所だとか・・。

さて公園の中ですが。

DSCN1188

いきなり禁止にヘコみますが、
園内は徒歩で見て回ることになります。
場合によっては即時撤退もアリです。

DSCN1191

DSCN1192

台地だか丘陵の段差が
面白い景色を生み出しています。

DSCN1195

DSCN1197

DSCN1200

自転車をロックして、
様子見に近くを回ってみます。
おそらく川に近く高い所が、
あのペンキ絵の場所と踏んでいます。

DSCN1202

8goubo

ペンキ絵の代わりに、
第8号墳を発見です。
とはいっても、
どの辺が古墳であると言ってよいか
皆目分かりません。
規模からいって
さきたま古墳公園のような雄大さは
望むべくもないとは思いつつ。

園内地図を見つけました。

DSCN1204

kofun-map1

kofun-map2

古墳を見回っているうち、
件の見晴らしの場所も見つかるでしょう。
そういう廻り方と決めました。

raireki1

DSCN1206

・・それにしてもなかなか
若々しい土地柄のようです大田区。
気を引き締めて参ります。

DSCN1213

園内を元の位置に戻ります。

DSCN1214

ロックしてあった自転車を
曳いて移動開始です。

IMG_0078

DSCN1219

今度は橋を渡り、
園内の川下側へ移動します。

DSCN1220

第7号墳、発見、通過。

DSCN1225

第6号墳、発見、通過。

DSCN1230

DSCN1232

言われなければ、
いや言われても
古墳に見えません。

DSCN1234

第5号墳、発見、通過。

IMG_0081

第4号墳、発見、通過。

IMG_0083

第3号墳、発見、通過。
古墳に見えないどころか、
各号墳の見分けもつきません。
集合住宅並です。

IMG_0087

IMG_0086

そして2号墳はっけ・・・・。
おお。
驚きの光景が。

続きます。

<今日のひとネタ>

以前にニュースサイトへのリンクで紹介した
自転車用スマートデバイスの「Shoka Bel」

動画で実際の使い方が見られたので、
再度の紹介です。

いくつか「?」な箇所はありますが、
値段が安ければ使えるかもしれません。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ