風呂屋のペンキ絵か多摩川台公園(1)多摩川サイクリングロード欠落部分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

多摩川八景、というのがあるそうです。
寡聞にして最近まで知りませんでした。

京浜河川事務所・国土交通省 関東地方整備局・(TRM) 多摩川八景

案外歴史があるのですね。

たぶん「八景島シーパラダイス」か
「富岳百景」か「青空百景」と
間違った観光客が訪れるのを
意図して作られたじゃないかと
部外者、邪推しています。
というのは嘘ですが。
(最後のやつは特に)

ムーンライダーズ, 鈴木博文, 鈴木慶一, 佐伯健三, 白井良明, 橿淵哲郎 - CD・レコードの購入はオンライン通販アマゾン公式サイトで。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。

それはともかく、
多摩川サイクリングロードを
ホームとして幾星霜、
八景のうちのいくつかは既に
それと知らずに訪れたり
あるいは通り過ぎたりしています。

まだ踏んでいない地としては、
2の「多摩川台公園」が気になりました。
(イキナリ「2」の声が聞こえそうですが)

見た目、大河の悠久感ありありの
良く言えば江戸の名所絵か
あるいは風呂屋のペンキ絵みたいな風景が
きょうび残っているものかと思いました。
また、古墳もあり、
都内の古墳というところで
埼玉県の保存と比較してみるのも面白いかも。
国分寺史跡の印象が「猫」だったので、
もうちょっといかにも遺跡というのを
味わいたい気持ちがあります。
見にいくことに決めました。
この近辺は、多摩川沿いなのに
サイクリングロードが途切れており、
普通の街なかを走らなければいけないのが釈然とせず、
決断でもしてみないことには
なかなか出かけるのが億劫な地域なのです。

多摩川台公園

東京都大田区の西端、多摩川左岸の丘陵に多摩川台公園がある。園内には古墳群があり、自然林が残る。桜や紫陽花の名所としても知られる。紫陽花が見頃を迎えた六月半ば、多摩川台公園を訪ねた。

そういうわけで、
行ってみます。

続きます。

<今日のひとネタ>

これはちょっと興味が引かれる
俳句&自転車の企画です。
仕事がらみもありますが。

自分も自転車でいい風景に巡り会い、
何か出そうで出ない、
というあたりに才能が無い自覚はありますが。
(オナラとかの話じゃありません)
ナサケナイ川柳とかは、
わりとイイ線いけるんじゃないかと
内心思ってはいるのですが。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ