多摩川サイクリングロード、夏の日曜昼のスケッチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

多摩川サイクリングロードは何度走っているのか、
もう数えたこともありません。
正直、飽き飽きしていますが、
もう生活道路に近いレベルです。
遠くに行く際には
車道を車と一緒に走る危険&気疲れを削減し
スピードアップのため使わざるをえない
高速道路代わりです。

そんな多摩川サイクリングロードの日曜昼は、
とにかく暑かったです。
不便と不快指数を盛り上げるために
設置されれている道路表示が
熱で剥がれやすくなっているらしく、
気付くと前輪が緑色がかっていました。
どんどん削れてくれると好都合というものです。

道路標示で尻が痛い謎に挑む(バイシクルフェスタ編)
多摩サイクリングロードをよく使います。 サイクリングそのものに使うのはもちろんですが、 どこか遠くに行くときと、 どこか遠くから帰ってくるときにも使います。 サイクリングロードには信号がないので、 自転車の高速道路のようなもの...

スポーツ車でサイクリングロードなんかを走ると、
なまじスイスイ快適に進み過ぎて、
止まりにくいのが困りものです。
川の土手の上だと日陰も少なく
点在する木陰にはベンチなどが無いことも多い。
休憩ポイントとして適当だと
近所の散歩者やサイクリストが既に停泊中だったりします。
ワイズロード府中多摩川店は
冷房も効いていて休憩ポイントとして適当なのですが。

ロードバイクコーナーには人気車種を大量展示中! 多摩サイクリングロードを走る際には、是非Y's Road 府中多摩川店にお立ち寄りください!

案の定もう既に店の外にまで
多数のサイクリストがたむろっていました。
遠くから眺めて素通りです。

ハトは休憩中。

20160703120814

他愛ない光景ではありますが、
走り抜けるサイクリストから
結構面白がった声が上がっていました。
わざわざ止まって見る人はいませんでしたが。
声を上げる、というのはそもそも1人じゃない、
ということで、
ぼっち乗りは損だと日頃思っていますが、
少なくとも、
集団優先で好きな時に止まれないことは、
自分には大きなマイナスです。
ぼっちで仕方なしというところ。

東京都の水甕である利根川水系の水不足が
ニュースでも取り上げられていますが、
多摩川の水量も明らかに減っていました。
毎年秋には1年の締めの如く
奥多摩に行くのが恒例のようになってるのですが、
今年は奥多摩湖の水位の下がり具合を
野次馬で見に行かざるをえないかもしれません。

と書きつつ、
自分が学生くらいの時にTVで見た
渇水期のダム底の画像を検索して、
勘違いで奥多摩のものではなかったことを知りました。

  東京都水道局のパブコメに関連して、もう1つだけ。今日は、小河内(おごうち)ダムの話をしたいと思います。小河内ダムというのは、 東京都が保有する水道専用ダムで、奥多摩湖 のことです。  この小河内ダムは、戦後1957年に完成しますが、工事...

このサイトはすごく勉強になりました。
東京都の主要な水源ではなく
サブシステムである多摩川の水量が下がっているのは、
より重大な事態であるのかもしれません。

しかし矢木沢ダムは自走じゃ見に行けないなあ、と。

<今日のひとネタ>

ついに中国も参戦。

中国のXiaomiが折り畳み電動アシスト自転車「Mi QiCYCLE」を発表した。発売されれば欧州や米国に続き、中国でも“電動アシストに見えない電動アシスト”が走ることになる。

えげつなく安い電動アシストが増えそうで怖い。

今日も会社前の坂道を、
電動アシストおばちゃんがエラい勢いで
「上って」行きました。
自分、少しタイミングを間違えたら
坂道上りの自転車にぶつかるところでした。

坂道を上りのおばちゃんの自転車に
ぶつかられて怪我でもして申告したら
ちゃんと被害者として扱ってもらえるんでしょうか。
心配です・・・。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ