如何にして室内トレーニングをやめたか?(2)固定ローラー編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

次に固定式ローラーを導入しました。

MINOURA(ミノウラ) LR960 LiveRide 固定式サイクルトレーナーがトレーニングバイク・マシーンストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

これと見た目近いです。
(古くてもう無い)

理由は今度も、
カッコよかったからです。

販売サイトで何かのパーツやツールを見続けると
目が肥えてきて、
この道具はこれがカッコイイもしくは自分に合う、
というのが自然と
わかってくるものじゃないでしょうか。
車でも自転車でも速いものは
必然的な美しさがありますが、
用の美が自分の身に感得されるとでも言うか。
などと理屈をこねてますが、まあ平たく言うと、
物欲が湧いてある閾値を越えたんですね。

固定式ローラーは、
むろんコケる心配がないので、
ドラマでもドキュメンタリーでも見放題、
やりようによっては本を読みながらでも
トレーニングが可能でしょう。

後者は今の思いつきで、
機器保有時に試みたことはありませんでした。
惜しい。

機器かあるいは
タイヤの質によるのかもしれませんが、
ある時ふと気づくと、
後輪のタイヤの接地面が削れて、
ゴムが平らになっていました。

設置場所の後ろの壁に
削れたゴムかす飛沫が付着してるのは
前から気づいていましたが。
平たくなるほどリアルに削れていることには
注意が向かず、
どれくらいの期間でそうなったか
わからないのですが。
普通に道を走ってできる削れ方では
ありませんでした。
ローラー回転の力恐るべし。
使用後のローラー部分はメチャ熱で、
触れません。
ホイールも相当温くなります。
たぶん、知ってる人はトレーニング用のホイールを
用意してるんだろうと思います。
それで自分も完成車の使わなくなったホイールを
トレーニング用にしましたが、
狭い自室に機器と自転車を設置するときの手間がひとつ増えて
なんとも面倒でした。
それも室内トレーニングをやめた一因かもしれません。
去年のサイクルモードで知ったのは
トレーナーとの組み合わせのソフトウェア。

グローバルサイクリングコミュニティのデジタル集合場所。

今更ですが、これはやってみたい。
もうトレーナーが存在しないから
お試しもできませんが。

ただ調べてみたところ、
当然ながらトレーニングというか
スポーツ要素が強い、
CG故かコースが限られてるらしいのも残念。
願わくば、
Google Mapとストリートビューと連動して、
ポタリングができるソフトウェアは出ないものか。
こんな記事も昔見ましたが、その後を聞かない。

いまのところ寒さ対策を万全にして、
外を走り回るに如くはない、
というのが結論ですが。

しかし明日の関東の雪マーク不動で、
そのうえ沖縄に雪が降る、
との情報まで入ってきている今晩。
その結論は明日の朝も持続してるものか?
そしてそれでも室内トレーニングをやめた理由とは一体?
明日です。

<今日のひとネタ>
そして話題の中心・沖縄。
この理想郷サービスは、雪の中でも保たれるのか?
興味のあるところです。

ロードバイクを客室内まで持ち込めるサイクリスト向けの宿泊プランを体験するために沖縄に飛びました。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ