奥多摩むかしみちはムズカシ道(10)遭難しそう、そうなんです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

少しサイクリングらしくなったところです。

DSCN0742

サイクリングらしく・・?

DSCN0746

DSCN0748

むかしみちの印が奥に誘導していますが、
どう見てもその誘導に乗っちゃ
イケナイ気しかしないのです。

DSCN0749

しかし間の悪いことに
吊り橋を複数見られ渡れて
エンディング間近と浮かれた自分は
かなりの危惧を抱きつつ、
この道に踏み込んでしまいました。
吊り橋効果というやつでしょうか。
(全く違います)

DSCN0750

無理なら引き返せばいいことですし。

DSCN0752

下に自転車で走ってきた道が
慕わしく横たわっています。

DSCN0757

DSCN0760

砂利道を通り越して瓦礫道です。
トレッキングです。

DSCN0767

最近、サイクリングだかトレッキングだか
わからない状況に直面することが多くなりました。
こちらは元々汎用性を意識して
SPDシューズ一択なのですが、
長時間の歩行はもちろん
山歩きなんぞもっての他です。

それで、装備品として
徒歩専用想定のシューズを購入しました。
(セールで)

山っぽいところを歩く時のためで、

のような場合に有用だと思いました。
今回なんか、もうドンピシャです。
持ってきていればですが。
・・・。
荷物になることを危惧して
実戦投入を躊躇してしまいました。

SPDシューズでトレッキングに挑んでいます。
頑張るSPDシューズはSH-CT71Lです。

ごめんよ、SH-CT71L。

DSCN0769

これでもむかしみちの印あり。
むかしすぎじゃあないでしょうか。

DSCN0770

DSCN0772

自転車だけ右に滑って落ちてしまうのではないか、
ヒヤヒヤ。
場所によっては担いで歩いたり。

DSCN0773

DSCN0774

人間の住むところまで戻ってきました。
後から考えると30分くらいだったかと
思われますが、
当時は1時間以上歩いた気がしました。
緊張感もMAXです。

DSCN0778

DSCN0782

DSCN0779

DSCN0776

ここでもまたミス。
この山道が(さすがに)ピークで、
いったん舗装路に出たからには、
それが続くだろうと考えてしまったことです。

DSCN0783

その裏付けに、舗装路になっていたのです。

DSCN0786

すぐ終わりましたけど。
自転車に乗って2分ほどです。

DSCN0787

なにやら風景まで神々しくなってきました。

DSCN0788

DSCN0790

「浅間(せんげん)神社」でしょう。
もう案内表示もありません。

DSCN0792

DSCN0793

夫婦らしい、
完全なトレッキングスタイルの二人組が
休んでいました。
そこに現れる自転車スタイルを曳いた
普通っぽいいでたちのおっさん、自分。
それはとてもとても恥ずかしい。

DSCN0796

そんなこともあって、
彼らの目の前で引き返していくこともできず、
先へ進みます。
・・自分のバカ。

DSCN0799

DSCN0804

ガードレールの下の隙間から
崖下に滑り落ちそうになります。

DSCN0800

DSCN0802

DSCN0809

DSCN0805

石積みに使ったものか、
瓦礫だらけです。
フレームの底がキズついたかも。

DSCN0807

DSCN0810

遠くに小河内ダムが見えます。
何やらはるか天空の向こうの、
辿り着けない存在に見えます。

DSCN0813

DSCN0815

むかしみちを外れていなかったことが
わかりました。
むかしみちは登り、
左を下るとバス停があるらしい。

bunki

もう山道は自分が無理と判断し、
バス停を目指すことにしました。

むかしみちをコースアウトして、
とにかく国道411号線、
いや一般車道でも、
最悪舗装されてなくても、
とにかく山道でなければ何でもいい、
という一心です。

DSCN0818

しかし「下山」も並大抵じゃありません。
自転車でも登山でも、
ある程度のレベルを越えると
下山も危険であることを忘れていました。
相当冷静さを欠いています。

DSCN0817

DSCN0820

DSCN0812

おそらく集落に車道でも通って
使われなくなった道なのでしょう。
道としての痕跡はありますが、
ほぼメンテナンス無しで、
木や石が散乱し
湧き水混じりの
ぬかるんだ坂と化していました。

DSCN0811

滑って転がって自転車も自分も
キズ・怪我の泥まみれ、という
最悪も想定しつつ、
慎重に降ります。

幸い、転落は無くて済みました。
ひょっとしたら、
SPDシューズの金具が
スパイクがわりとなっていたのかもしれません。

DSCN0824

ずっとお慕いしていた
国道411号線が見えました!

DSCN0825

コンクリートの歩道に跋扈した雑草を蹴り、
または踏みつけ
抱えた自転車を振り回さんばかりで
以前は道だった道を進みます。

DSCN0826

国道411号線に復帰、
小河内ダムに出ました!

ただでさえ神々しく見える巨大建造物・ダムですが、

DSCN0829

もう何というか、
文明そのもの、
安全そのものの鉄壁です。
コンクリートですけど。

続きます。

<今日のひとネタ>

製造側のはるか斜め上の
使い方をしているとしか思えない
SH-CT71L。

その購入時に並んで候補としていた
夏向きシューズです。

        皆さんはご存知でしょうか?   ビンディングシューズにも、かなーり夏向けな商品があることを!!   その一つをご紹介!             SHIANO SH-CT46 (MTBペダル専用) ¥9,500+税         ビンディングシューズの中でも、通気性に特化したタイプ       ...

レコメンドが素晴らしい。
やっぱり欲しいかな。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ