とまどう対岸/信玄堤6

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

自転車は御勅使川沿い・御勅使川福祉を抜け、
御勅使公園付近を逍遙します。

御勅使川風景

御勅使上橋を渡った対岸は韮崎市なのでした。

御勅使川風景

上流に向けて遊歩道がありますが、行き止まり。

御勅使川風景

同じく韮崎市にして御勅使公園の対岸は
河川敷が美しく整備されていますが、
バイク・自転車の乗り入れ禁止です。

御勅使川風景

遊歩道も同、バイク・自転車の乗り入れ禁止。

御勅使川風景

やむなく再び対岸の南アルプス市・御勅使公園に
戻っても遊歩道は自転車禁止なのでした。
こちらの河川敷では特に自転車禁止の
注意こそありませんでしたが、
荒い砂利混じりのアスファルト。
これを辿ってみると途中で河川敷が無くなっており、
そこまで特に治水関連の史跡や案内皆無。
やむなく堤防を上った上、
御勅使川公園を自転車を曳いて抜ける羽目です。
どうもうまくいきません。

御勅使南公園

御勅使南公園の端から抜け出ます。

枡形堤防

すると「枡形堤防」にうまいこと行き当たりました。
しかし何という保存展示か・・。

信玄堤地図

(二番堤で見た地図をカットして再掲)

正直、御勅使川に沿って長い御勅使公園か
御勅使南公園のどこからか南側に抜け、
南アルプス街道に突き当たるまでに
徳島堰か枡形堤防、後田堰、石縦堤、
あるいは六科将棋頭のどれかに当たるだろう的な
迷走逍遙走法でした。
何せ史跡の正確な場所や規模、保存展示状況まで
まるでわからないのです。

枡形堤防

金網越しに案内キャプチャ。

枡形堤防

正直、元々の川の流れと
この施設が造られた後の水の流れ
現在地図の3つのレイヤーで分けてもらわないと
わかりません。

枡形堤防

枡形堤防

「Mなび」QRコードのリンクはこちら。

南アルプス市で、いつでも気軽に訪ねることができる史跡や遺跡、樹木などを中心に情報配信を行い、さらに子供の声のガイドなどさまざまな楽しみをご用意しました。

枡形堤防

そして金網越しに見える実物の姿。

枡形堤防

枡形堤防

枡形堤防

中に入れないのでは、
枡形と言われてそうかと納得するしかない
史跡なのでした。

ともあれ、この辺り走法(場当たりともいう)で
うまく「枡形堤防」に行き着いたもので、
案外この方法でまあいいのかと。

そのままさらに南に向かうと

トイレを見つけました。
もとい史跡の案内があるのを見つけました。

六科将棋頭

信玄堤地図

うまくすれば前掲地図の
「六科将棋頭」である筈なのですが。

六科将棋頭風景

六科将棋頭風景

案内に曰く、
・一連の「信玄堤」事業に20年を費やした
・国の河川砂防工学の祖とされて、
「甲州流河防法」として全国で用いられている

で、その将棋頭どこ? というと、
植え込みの後ろなのでした。
史跡と案内配置のコンセプトが分かり難い・・。

六科将棋頭風景

六科将棋頭風景

南アルプス市で、いつでも気軽に訪ねることができる史跡や遺跡、樹木などを中心に情報配信を行い、さらに子供の声のガイドなどさまざまな楽しみをご用意しました。

六科将棋頭風景

さらに御勅使川下流方面にホイールを向けます。
横を見ると草木と土に埋もれた六科将棋頭。

六科将棋頭風景

そうして治水500年、成った田園には
季節柄そろそろ水が張られ始めていました。

その中を御勅使川から逸れつつ、
東へ向かいます。
ちょっと考えがあるのです。
それは・・・。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ