飾りじゃないのよ聖牛は/信玄堤2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

いよいよ武田信玄が釜無川に気付いた信玄堤を
見て回ります。
駐車場内は徐行して走り、
その他は自転車を曳き曳き。

信玄堤(wikipedia)

信玄堤風景

信玄堤風景

信玄堤風景

信玄堤風景

信玄堤風景

信玄堤風景

しかし戦国時代に築かれたとはいえ
城とか町とかならまだしも、
「堤」とは何とも地味ではあります。
こんなに車が来るような見どころだとは
予測していませんでした。
良く考えるなら山梨県人の信玄リスペクトですが、
ひょっとして他に娯楽がないのか・・。
自分がわざわざ見に来て言うのもどうか、
とは思いつつ。

信玄堤風景

土手の上に登ると、釜無川が広がっていました。
そして河川敷には多摩川で何度か目にしている
「聖牛」の現役に近い姿。

玉川上水は多摩川から搾りたて/羽村4
続きです。 取水口周囲の機械設備を離れると 自転車を曳いて羽村堰の観光的側面です。 羽村堰は土木遺産である由。 サイトには以前自転車で走って見た土木遺産が 名栗川橋など他にもいくつかありました。 ...
分水樋見物ミステリー風(3)ホイールとストーリーが回り始め
続きです。 自転車は多摩川サイクリングロード川崎側を、 二ヶ領宿河原堰に至っています。 (振り返って撮影) 取水の引き込み口を サイクリングロードが迂回しています。 河川敷に降りてみます。...

信玄堤風景

こんな現役(もどきの)「聖牛」の姿を見ると、
どこかで見たパターンの気がしました。

信玄堤風景

天から落ちて来て壊れた未知のロボットを
大事に大事に調査していたら
空に浮かぶ城からからピカピカに武装した
現役ロボットがゾロゾロ出撃してきたかのような。

ファインモールド 天空の城ラピュタ ロボット兵 戦闘Ver. FG4 1/20スケールプラモデルほかロボットのプラモデルが勢ぞろい。ランキング、レビューも充実。アマゾンなら最短当日配送。

信玄堤風景

信玄堤風景

信玄堤風景

ここまで聖牛に出会してきて
その数だけこのヘンな名前は目にしていながら、
意味を深く考えていませんでした。
しかしどっちもどっち、
正解自体もはっきりしていないのでした。

信玄堤風景

信玄堤風景

信玄堤風景

信玄堤風景

この案内を見て読むに至り、
自分の不明に気付きました。
事前にわかっているものを見て回るより、
偶然出会う要素を大事にして
見たいものをピックアップするだけで
事前に深く調べることはしていないのですが、
それにしても治水事業で知られた武田信玄、
「信玄堤」の名前からその仕掛けが堤だけと
思い込んだのが迂闊でした。
御勅使川・釜無川の沿岸に手を加え
流れを制御したエリアを称しての
「信玄堤」なのでした。

領国の治水を
ちょっと見で済まそうとしたのが安易だったと
悔やむことしきりです。

信玄堤風景

テーブル式の地図で見ると、
韮崎市や南アルプス市にまで跨がった
治水の史跡ということになるのでした。
マズいことに「サイクリングロード」の文字まで
書き込んであるのです。

かといって、
大月を出でてより笹子峠を越え
甲府盆地を横断して辿り着いたこの地から、
さらに川を遡る体力はもはや残っていません。
陽の光も夕暮れの色が混じり始めています。

・・・さてどうしたらよいか。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ