古代が見下ろす石神井川(2)下野谷遺跡から水汲みに

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

続きです。

西武新宿線・柳沢駅から自転車で
下野谷遺跡公園を目指し
あっという間に到着です。
迷った部分はショートカットです。

dscn2634

だだっ広いです。

dscn2639

来た道をそのまま進むと
公園の脇から石神井川に向け
急坂となっています。

dscn2644

園内の概観です。

dscn2645

園内には散走に来たらしい
小径車のアベックが見えました。
遠目・チラ見のリラックス具合では、
ここが目的地のように見えました。
休日の昼下がりの数時間、
子供を放牧するにも好適です。

dscn2673

dscn2674

dscn2677

到着した時は、
中高年向けらしい散策ツアーかなんかの集団がいて、
遺跡の案内をしていました。

さて問題の遺跡ですが。

dscn2653

iseki-ill1

イメージ図が伝わります。

きっと高台にあった滝の城址公園の遺跡も
こんな雰囲気だったのでしょう。

滝の城址公園に流るるは・・(4)滝ではなく血とは是れ如何に
続きです。 自転車を境内に曳いてきましたが まだクレームは聞こえてきません。 そも到着時に境内に人おらず。 台地からの眺めは良好です。 ただ、柳瀬川は見えません。 武蔵野線は遠くまで見渡せます。 遺跡の発掘...

dscn2665

竪穴式住居です。
テントをかけたくなります。

dscn2662

この保全状況から見て
よく手入れが行き届いていることと、
近くに中学校がないことが分かります。

dscn2664

dscn2678

石神井川に降りられます。
イラストだと水を汲みにいくイメージでしょうか。

dscn2684

こちらは元来た入り口から回って、
先ほどの坂を下ります。

dscn2685

dscn2686

上から見えた階段のふもとに到着です。

dscn2693

上りたくなる坂です。
ちなみに近所の主婦らしい電動アシスト自転車も
行き来していました。
この付近はこのクラスの高低差が頻繁にあり、
ライフスタイルに電動アシスト車必須でしょう。
普通のママチャリで上がっていく女性も
見かけられ、驚嘆しきりです。
ママチャリでは自分はちょっと
一気に上れる確信が持てないところ。

dscn2694

石神井川にはサイクリングにも良さげな
広い遊歩道がありました。
散歩とジョギングがチラホラ。
自転車の徐行ならばさせていただいて
かまわないのではないでしょうか。

shakujii-river2

古代の悠久感を漂わせつつ、
石神井川が下っていきます。
川沿いも魅力的ですが、
今日のところは坂を上って帰ります。

下野谷遺跡と石神井川のブラウジング終了です。
滝の城址公園と柳瀬川のそれも同時に
完了といったところなのです。

<今日のひとネタ>

気温の上下が読めない季節です。
バイクポロとアームウォーマー、
下りはバックパックを腹に回せばいいや、
と考えた自分は脆くも
腹を下した苦い経験ありです。

それでも軽装で秋を走りたい人と
お腹の弱い方と・・自分におすすめの
ウエストウォーマー、つまり腹巻きです。

(パールイズミ)PEARL IZUMI 481 サイクル ウエストウォーマ 481 481 1 ブラック Fがサイクル(自転車) インナーウェア・ウォーマーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

状況に応じて巻くことが可能です。
これでまだしばらく
軽装で遠出したいと思います。
11月中はまだ秋、のスタンスなのです。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ