しまなみ海道に行く。ただし2013年(2)参加の準備を始める

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

勢い100%とはいえ
参加登録と支払いをしてしまった以上、
準備をしなければいけません。
早速・・ノロノロとモロモロ準備を開始しました。
そこは自転車以外は(あ、あと仕事も)
引きこもりみたいな身で、
世間様のことに疎い身です。
迅速・簡潔・要を得た、の反対を地で行くものでした。
段取り下手の参考の最たるものの記録です。

宿泊と配送と交通機関を軸に、
以下羅列です。

<宿泊>

宿泊場所ですが、
大会周辺の日程及び地域が混むことは
容易に想像できたものの、
なかなか腰が上がらず。
おそらく大会1ヶ月前を切るくらいで
ようやくネットで宿泊について調べ始め、
カードショッピングの流れで
楽天トラベルで安いところを
ひとつひとつしらみつぶし。
休日の予約で格安・駅近はほぼ埋まっていて、
どんどん条件を下げていって、
ようやくなんとか泊まれるところに予約しました。
泊まれて食事もある、
それだけわかる程度となってしまいました。
選択肢が無かったことで決断するしか無く、
かえって良かったかもしれず。
結果オーライと滑り込みセーフのイメージです。

参考までに。
大会を催す側のエラい人に
話を昔聞いたことがあります。
サイクリングイベントを催し
一時的にどっと客が流入しても
地元のキャパを越えて困るだけで、
それよりも大会で一般の認知を得て、
リピーターを増やし
普通・普段のサイクリング観光客が増えることが
本当の願いであるとか。
イベントは開催側も参加者も大変です。

<機材配送>

自転車の配送は西濃運輸の
「カンガルー自転車輸送便」を選択しました。

西濃運輸の公式ホームページ。カンガルー自転車輸送便は、スポーツタイプの自転車を移動先(宿泊先、引越先など)へ、オークション等による譲渡先(販売先)へ輸送するサービスです。(オークション等の自転車の譲渡の際の輸送にもご利用いただけます。)

Webでいろいろ調べましたが、
どこも数万円かかった記憶があります。
その中で手の届く価格帯で、
しかもWebサービスが一番使い易かったです。
配送内容も細かく指定できた覚えがあります。
オススメです。

参考比較ですが、
その後かなり経って、旅行で半分官がらみの
大手の自転車輸送サービスを利用しかけたことがあります。
Webからの手続きもサービス詳細もわかりにくい上、
配送にえらく日数がかかることを言われました。
しかも驚いたことに、着日が明確ではないとも。
大会イベント参加で日程で決まっているというのに。
そんな連泊前提用のサービス使うの、
どこの富豪やねんと一人悪態をついたものです。

<交通機関>

鉄道も考えましたが割高に過ぎ、
飛行機の往復にしました。
航空券はネットで格安系から探し始め、
予約が早ければ安いらしいので、
早々に予約を入れました。
大会は日曜ですが、
前日の土曜日に現地で
参加登録の手続きをしなければなりません。
それを必須の核にして、
移動時間を大雑把に想像して、
予約ポチでした。
羽田から松山空港の
土曜早朝のフライトとなりました。

後から大雑把の穴埋めで、
松山空港からJR松山駅まではバス、
松山駅から今治へは鉄道です。

以上、段取った概要です。
詳細は流動的ゆえ、
この3軸を旅の時系列に沿って。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ