しまなみ海道に行く。ただし2013年(1)やおら参加ポチする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 4

秋晴れの素晴らしい連休(前提)で
イベントが全国各地で開かれているようです。
「国際サイクリング大会・サイクリングしまなみ」も
10月末に開催されます。

サイクリングしまなみとは、「しまなみ海道」の絶景が舞台のサイクリングイベントです。

自分は2013年大会に参加した履歴があります。
雨の大会でした。
ちょうどここ2、3週間のような、
すっきりしない天気が続いた秋の日でした。
天気からの連想がてら、
その時の記憶を書き並べてみます。
こんな晩だったなあ・・・。

六部殺し(wikipedia)

自分、昔「ファラオ」と家族に呼ばれていました。
偉かったわけでは全くなく、
ツタンカーメン王の姿を模した有名な棺よろしく、
TVを見たり本を読んだり、
要するに寝てばっかりいたせいです。
そんな「今・三年寝太郎」がガバと起き、
やおら出掛けた2013年のしまなみ海道でした。

当時の自分は、クロスバイク1年間、
ロードレーサーに2年ほど乗っていました。
大会参加歴はというと、
現在の「バイク東京」である「東京シティサイクリング」に
ボランティア参加1回、一般参加を2回、
東京ゲートブリッジ開通記念サイクリングイベント、
くらいでした。

biketokyo.org はお客様がお探しの全ての情報の原点です。一般的な項目からお客様がお探しのものまで、 biketokyo.org は全てここにあります。きっとお探しのものが見つかるはずです。

レース系に興味のないのは当時から変化なく、
「しまなみ」を選んだのもおそらく、
日本最高レベルの景観が味わえる大会だということと、
レースではないサイクリングイベント、
という基準だったのだろうと思われます。

大会への参加登録は一般的に数ヶ月前になりますが、
屋外イベントとて、
当日の天候が全く予測がつかないリスキーさは
如何ともし難い。
しかも遠く見知らぬ土地で、
多大な交通費その他費用を要するとなれば尚更。
そのリスクを押して登録ポチする蛮勇が、
そのときはあったと見えます。
正直、
良い景色とか土地の面白さといったようなものが、
用意された環境でしか味わえないと思いこんでいた、
ということはあるかと思います。

そういうグッドなタイミングで実現できた、
「しまなみ」参加でした。
いろいろ失敗だらけだったことも含め、
素晴らしい体験だったと思っています。

今はイベントでポチに至るモチベーションが
なかなか自分に湧いてこない時期だか境地に入っています。
その上で、
イベントでも個人でもまたいつか行ってみたい「しまなみ」、
前置きが長くなりましたが、
備忘録がわりに記憶を羅列していきます。

続きます。

<今日のひとネタ>

「しまなみ」ついで。
輪行に悩む者の天啓・サイクルトレインです。
しまなみ海道という強力なコンテンツを背景とはいえ、
官民及び公共交通機関が同じ方向性を目指しているのは
素晴らしいの一言です。

 秋の行楽シーズンを迎え、JR四国は9月17日から、自転車を持ち込んで乗車できる臨時列車「サイクルトレインしまなみ号」の運行を始める。愛媛県今治市と広島県尾道市…
イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ