川になった仙川(5)高低差は唄うよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続いています。

ロードバイクにあるまじきスピードで
(遅いほうです)
いまだ仙川下り中。

dscn0004

dscn0016

緩やかな下りとなっているらしく
整備された川沿いの遊歩道で
少ないながら高低の変化を
楽しむことができます。

dscn0024

見た目も楽しい。
野川が近いせいで、
地面がだんだん低くなっているのかも。

今日は川の段差を楽しむ回となりそうです。

dscn0027

その前に。
桜並木の先には・・

dscn0033

東宝スタジオです。
スターらしい姿は見えず。

dscn0035

dscn0037

流れ落ちる水に
川底が削られない対処でしょうか。

dscn0041

3段階を下っています。
流量豊かながら、
水が少ない時の機構付き。

doves-ladder2

こちらも3段を下っています。

dscn0050

下りが続きます。
下って下って。

dscn0059

休んで。

dscn0062

下って下って下って。

dscn0069

休んで。

dscn0075

下って下って下ります。

dscn0086

東名高速道路の下を進みます。

歌手:円広志 作詞:円広志 作曲:円広志 歌い出し:忘れてしまいたいことが今の私には多すぎる私の記憶の中には笑い顔は遠い昔いつの日にか あなたがくれた野の花が ノートにあり

・・まだ続きます。

<今日のひとネタ>

実際に商品化されるのかわからないので、
Kick Starterは避けたいところですが。
しかし未来を感じさせるデザイン見た目には
どうしても勝てません。

CYCLOTRONはスポークがないホール(タイヤ)と近未来的なデザインが特徴の自転車のキックスターター(KickStarter)プロジェクト。 タイヤ...

しかし取り上げたのは
「近未来的なのは見た目だけ、
電動アシストなどはありません」
のフレーズ。潔い!

そしてついでにもうひとネタ。

電動アシストのロードバイク「YPJ-R」に続き、
クロスバイクの「YPJ-C」登場です。

自分が買うとしたら、
こちらの方が可能性が高そう。
田舎とか山の舗装が荒いまたは無い道で、
クロスバイクの方が向いているとは
しばしば思うのですが、
そこに至るまではロードバイクでないと無理。
そんなジレンマが解決されそうな気がします。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ