川になった仙川(1)川辺アダージオ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

上流端から仙川を下り追いかけてきた続き、
再開です。

先の「仙川に大河を見る(1)〜(6)」では、
川というより排水溝といった体を晒し続け、
「そうか君は仙川だったのか(1)〜(4)」では、
川の容れ物といった様相を呈し続けた果て、
ようやくサイボーグ的ながら
一定の水量を見せ始めたところまで、
でした。

DSCN7122

(おさらい:人工湧水地点です)

仙川上流端から辿るルートを
再掲です。

DSCN7135

前回終了地点・野川宿橋から、
仙川下りの再開です。

DSCN7137

数日前の豪雨と増水した後の水の流れが、
川に生えた草に彫刻されています。

DSCN7139

DSCN7141

まるでマンガのスピード線です。
ものすごいスピード出てます。

DSCN7145

DSCN7159

東八道路の下を潜っていきます。

東八道路

touhachi

こちらも続きます。

DSCN7166

DSCN7171

DSCN7172

川に流れができたことで
川縁の道も整備され、
ぐっと追いかけやすくなりました。

DSCN7173

川底のコンクリートにも刻みが
つけられています。
そんな必要のないほどゆっくりとした川の流れで、
今回の下流追随スタートに相応しい。
昔、「渚モデラート」という曲がありましたが、
川辺アダージョか川辺ラルゴ、
といったところでしょうか。

ゴールデン☆ベスト 高中正義がフュージョンストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

DSCN7180

仙川公園にさしかかります。

DSCN7181

DSCN7178

DSCN7184

所詮はまだサイボーグ部分、
水量も少ないなりの工夫というところでしょうか。

続きです。 仙川を辿って南下し、 ここまでで三鷹の半分くらいです。 仙川のストーキングを続行です。 野川宿橋に出ました。 なんと水が満々と流れています。 通り過ぎてきた、 通りの向こうの仙川では やっぱりカラッカラです。 なぜここからいきなり水満々なのか? ここから盛んに水が湧き出していました。 こういう風に川は水が増...

DSCN7191

見た目はしごく良い川となって進みます。

野川宿橋の案内板に書かれていた
「勝渕神社付近より下流に豊富な湧水群」
が近い筈なのです。
この川幅を満たす湧水群とは一体・・

続きます。

<今日のひとネタ>

東京からだとギリギリ日帰り可能な限界、
と考えているサイクリングスポットです。
地元からすると
泊まり客が良いのは間違いありませんが。
サイクリストも多いイメージの地域で、
ノウハウの反映は期待していいと思います。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ