香取市内をポタリングモード/佐原水濠3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

水郷佐原のあるJR成田線・佐原駅から
自転車でスタート、
利根川を土手の上から眺め、
縁の道の駅「水の郷さわら」を過ぎました。
いよいよ「利根水郷ライン」を走り始めました。

利根水郷ライン(wikipedia)

・・20mほど。
やっぱり土手の上に上がりました。
車道と比べ危険が無いですし。
それにやっぱり利根川の見晴らしです。
要は利根水郷ラインに沿っていれば
迷うことはありません。

dscn2813

(右側、国道356号・利根水郷ラインです)

dscn2815

岸壁にひたひたと水が寄せて来ます。
流速と水深の関係を表す「フルード数」という
数式があるそうです。
まあ利根川、海ということで関係無いですね。

それにしてもデカい川です。
世界規模で見たら
大したことはないのでしょうが。
黄河・長江、アマゾン川ナイル川とか
一体どんな感慨を抱くものでしょうか。

dscn2829

(なんだかわたせせいぞうな絵ヅラです)

dscn2832

定番サイクリストの姿はなく、
見かけたのはクロスバイクの1、2名。
風がけっこう強かったのですが、
利根川縁はいつもこうなのか、
もちろんわからないところ。

dscn2837

そこへ見えてきたのは。

dscn2839

dscn2847

津宮鳥居河岸です。
「三宅裕司のふるさと探訪」で見た、
その通りの偉容です。

dscn2858

川面にはもちろん往時の盛りの痕跡無し。

dscn2860

土手の下に下ります。
香取市内からやってくると、
鳥居がせり出して見えてくることになります。

dscn2864

dscn2866

読めません・・。

dscn2869

津宮鳥居を背に、
香取市内へ進路を取ります。

dscn2874

住宅地というより集落の中を
のんびりとポタリングモードです。

dscn2877

dscn2880

やって来る途中でさんざん時間を喰った
JR成田線の単線を目の当たりにします。

昔の学生時代に千葉に住んでいた友人が、
単線で時間がかかるから早めに帰らないといけない、
と不平を言っていたのを思い出しました。
住所が我孫子だったのでまさしく成田線、
もしくは常磐線だったのでしょう。
最終的にはうんざりしたらしく、
自分でバイトして家賃を稼ぎ
中野に下宿していましたが。
それからン十年の時は流れても、
状況は変わっていないらしい。

dscn2883

こちらも単線待ち合わせペースの
ポタリングとなるわけです。

dscn2885

dscn2887

それでも大した距離でもないので。

dscn2891

dscn2893

見どころのひとつ、香取神宮に到着です。

続きです。

<今日のひとネタ>

デニム着用で自転車で走る「デニムラン」
と聞いてツイード着て走るやつのパクりかな、
と思ったら、
当の「TWEED RUN TOKYO」との連携イベントでした。

 「TWEED RUN TOKYO」と連携したファッションと自転車のイベント「デニムラン尾道 2016(DENIM RUN Onomichi 2016)」が、11月23日に初開催される。舞台はデニムの生産地で、サイクリストの聖地として注目を集める「瀬戸内しまなみ海道」の本州側起点、広島県尾道市。

尾道も自転車で走るのは素敵でしょう。
大林宣彦ワールドも味わいたいところです。

原田知世, 尾美としのり, 高柳良一, 大林宣彦, 筒井康隆 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。
イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ