お尻に火をつけて(prologoサドル使用経過)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

昨年の7月、股間に支障を来し、
その原因の半分としてサドルを交換しました。

信号待ちにて君を離れ(PROLOGOスクラッチ2パス エルゴノミックサドルのレビュー
小児喘息を長く保持して鍛え続けたせいか、 自分はいわゆる一病息災というやつで、 歯とか胃とか腰とかが無類に丈夫です。 典型的な細く長持ちタイプです。 ついでに臀部も丈夫で、 パッド付レーパンは着用してるものの、 何か塗ったり...
オンラインショッピング・ネット通販サイトのAmazonなら、プロロゴ(PROLOGO) スクラッチ2パス TIROXレール エルゴノミックサドルをスポーツ&アウトドアストアでいつでもお安く。サドルは豊富な品ぞろえのAmazon。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。

しばらく使ってみた結果、
ジャストフィットではないと感じました。

prologoサドル後部

prologoサドル後部

prologoサドル後部

溝の中を飛行して
排熱孔にプロトン爆弾を投下するという作戦、
ではありません。
件のprologoサドルの後ろからの写真で、
この溝の切れ込みがある程度の時間を経ると
自分には股間に刃を当てているように
思えてくることがあるのです。

が、自分としてはお高価いサドルの購入だったので、
デザインはおおいに気に入ったこともあり、
慣れが解決することに期待しました。
(おけつだけに・・・ププ)

それはあながち間違いでもなく、
慣れと自己暗示により、
問題の表面化がこれまで抑えられていました。
時たま思いついたように
代替えのサドル候補をAmazonなんかで物色しつつも、
交換を思いとどまってきていたのです。
その主な理由はケチによるものですが、
もう一つ、
レビューの少なさにより、
判断がつきにくいことが挙げられます。
デザインとフォルム、個人の肉体差が、
機能・性能とあいまって区別がつきにくく、
評価がし難いのがその理由と思われます。
そしてそのまま半年近くが経過しました。

そこへ年末の2週間の自分のブランクです。
新年早々の2日間に中距離を乗った時点で、
prologoサドルに座った尻の中心あたりの皮膚が
切れたような感触がありました。
これまでも感覚的にあった切れ感が
ボーダーを超えた感じです。
年末年始の栄養摂取で
尻肉増があったのかもしれません。

ともあれこの事態で勢いをつけ、
思い切って急ぎ代替えサドルの購入をポチりました。
かねて候補だけストックしていた内から
フォルムを以前使っていたものに近いものとし、
メーカーも同様にVELOとしました。

オンラインショッピング・ネット通販サイトのAmazonなら、(VELO/ヴェロ)(自転車用サドル)エンジェル フライ グリーンをスポーツ&アウトドアストアでいつでもお安く。サドルは豊富な品ぞろえのAmazon。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。

家に届いた早々サドルを交換し、
テストがてら自分レベルの「比較的長距離」を
乗ってきました。

新VELOサドル

若干股間の痛みを残しての遠乗りとなったので、
こちらのレビューはまた今後となります。

ただ後部部分と周囲のカラーのプラスチックが、
想像よりは安っぽく見えました。
機能重視の結果であると良いのですが。
あと時間経過とキズにより
良い色合いに変化すると良いのですが。
何より以前使用していたVELOサドルの違和感の無さが
取り戻せると良いのですが。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ