滝の城址公園に流るるは・・(3)こんなところで昔のあの人

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

続きです。

「滝の城」址に自転車でたどりつき、
なおも自転車に乗って廻れています。
どこまで行けることやら。

dscn2528

旗で俄然盛り上がります。

dscn2530

このくらいの小規模な史跡で良いのは、
禁止が緩いことです。
「二重堀」の跡を登り降りしてみます。
もちろん自転車は置いて。
ロックもしないで済む程度の
周囲の無人にして閑静さなのです。

dscn2533

dscn2534

dscn2535

まだ自転車で走れます。
この付近で自転車乗り1、2名を
見かけました。

dscn2537

見てきた二重堀を別の角度から。

dscn2538

dscn2539

dscn2544

元・城で、現・神社の周り全部に
堀が巡らされています。

dscn2542

自転車を曳いて進みます。
主に路面状況からです。

dscn2548

dscn2549

地域の保存活動はかなり本格的なようです。
かなり手間とお金がかかってるんじゃ
ないでしょうか。

dscn2550

古墳時代の遺跡も出土していることを
この案内で知りました。

dscn2551

dscn2552

dscn2557

境内に進みます。

dscn2560

駐車禁止の立て札ありです。
自動車に対しての標識でしょうか。
駐車しなければ進入は許可なのでしょうか。
自転車の駐輪は可なのでしょうか。
悩んでいるうち境内にウッカリ
自転車を曳いたまま入り込んでしまいました。
本当に粗忽者で困ります。

dscn2564

立派な本殿でした。
周囲は頂上にして日当たりは悪くなし、
こういう場所にありがちな
蚊に悩まされることもありませんでした。

dscn2571

本殿の向かい側に史跡の案内説明ありです。

takinoato-annai1

読むと「北条氏照の持城」とあります。
なんとなく見覚えのある名前です。
とはいえ鎌倉から江戸まで北条多すぎで、
正直区別がついていません。
北条司くらいならわかるのですが。

Amazonで北条 司のCITY HUNTER シティーハンター 全35巻完結(ジャンプ・コミックス) 。アマゾンならポイント還元本が多数。北条 司作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またCITY HUNTER シティーハンター 全35巻完結(ジャンプ・コミックス) もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

調べて見て思い出したことに、
北条氏照、なんと元・八王子城の主でした。
滝の城を出て八王子城に移ったということらしい。
思えば八王子では草深い山に墓があり
山道でSPDシューズ如き、
全く接近できずに終わっていますが。
またその経緯も殆どスルーしていますが。
埼玉のこんなところで足跡に出くわすとは。

八王子城跡へ走る着いても走る(2)野趣横溢編
続きです。 八王子城跡へのルートはこちらです。 都道46号線・高尾街道です。 緩やかな上りの続く見た目キレイな道ですが、 自転車にはよろしくない道である、 と言いたいです。 車道の右側には反対車線との分離...

因縁としか言いようが無い、
と言いたいところですが単なる偶然、
ロードバイクも走れば氏照に当たる、
というところでしょうか。
・・結構、感激しているのです。
北条氏の当時の支配勢力なんかも
体感できたというものです。

続きます。

<今日のひとネタ>

ワイズロードが東武鉄道とのコラボイベントです。

日本最大級のスポーツサイクル専門店Y ’s Roadを展開する株式会社ワイ・インターナショナル(本社・埼玉県志木市 代表取締役社...

「輪行サイクルトレイン」を臨時貸切運行して、
サイクリングツアーという豪華版です。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ