釜口水門で自転車は時速3km/諏訪周遊8

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

諏訪周遊は諏訪湖の尻尾の根元にして
天竜川の始まりである釜口水門に
自転車は到着しています。

諏訪湖・釜口水門風景

まずは旧釜口水門の上から現・釜口水門を撮影。

釜口水門(wikipedia)

諏訪湖・釜口水門風景

諏訪湖・釜口水門風景

全容がよく・・わかりません。

諏訪湖・釜口水門風景

左岸への橋代わりでもある釜口水門は、
嬉しいことに自転車通行可なのでした。

諏訪湖・釜口水門風景

釜口水門周辺は広大な「岡谷湖畔公園」。

長野県の公園、 岡谷湖畔公園のスポット情報です。諏訪湖が望める広さ約10万平方メートルの公園。園内は、いこいとやすらぎのゾーン、イベントスカイスポーツゾーン、ウェルネスコアゾーン、みなとなぎさパークの4つのゾ…

諏訪湖・釜口水門風景

遠くからも眺められる噴水は、
50m以上の高さまで吹き上がるらしい。
1時間毎に上がり夜はライトアップもあり。

諏訪湖・釜口水門風景

背景の山並みとのマッチが素晴らしいです。

諏訪湖・釜口水門風景

「水五則」の石碑。水五訓とも呼ばれる・・・
民間に伝わる説教らしいです。

「水五訓」とは - 一部で黒田如水作、太田道灌作、王陽明作などと誤って伝えられる偽名言、通俗人生訓。 一、自ら活動して他を動かしむるは水なり 一、障害にあい激しくその勢力を百倍し得るは水なり 一、常に己の進...

wikipedia先生曰くの、31の河川が流入し諏訪湖の、
天竜川へ集約するターミナル、
釜口水門からのお説教というところでしょうか。

諏訪湖・釜口水門風景

旧釜口水門建設時にトロッコを牽引した機関車。
活躍は昭和初期でも建造は大正末期、
ちっさいです。
残念ながら出力のほどが不明。

諏訪湖・釜口水門風景

諏訪湖・釜口水門風景

自転車通行可の釜口水門前を、
それでも徐行して流します。

諏訪湖・釜口水門風景

諏訪湖・釜口水門風景

釜口水門、昭和末期でお値段100余億円也。

諏訪湖・釜口水門風景

諏訪湖・釜口水門風景

舟通し水門はパナマ運河方式。
NHKのイギリスあたりの紀行番組なんかで、
たまに見ることができます。
実際に船が通るところを見たいものです。
あわよくば自分がその船に
乗っていられるのがベストなんですが。

諏訪湖・釜口水門風景

諏訪湖・釜口水門風景

そして魚道。嬉しい案内付。

諏訪湖・釜口水門風景

下記リンクはこれまでの多摩川、相模川、
笹子川なんかの魚道コレクションです。

魚道コレクション/甲府へ撤退2
続きです。 江戸城を脱出し甲府城へ自転車で撤退中です。 世界観的に言えば、 周囲を千と百人の武装した護衛が 固めている筈なのです。 移動速度が遅いことの言い訳、 という側面もあったりします。 緩やかなが...

諏訪湖・釜口水門風景

放流とそのサイレンについての案内。
詳細にして親切にして、
なんとなく笑えてくる可笑しみがあります。
長野県人ここにあり。

諏訪湖・釜口水門風景

天竜川対岸からの釜口水門の偉容です。

諏訪湖・釜口水門風景

魚道の末端部分から撮影。

諏訪湖・釜口水門風景

釜口水門から天竜川は太平洋へ向けて出発です。

諏訪湖・釜口水門風景

釜口水門と岡谷湖畔公園を後にします。
少しまともなスピードを出して、
湖畔サイクリングをしようと思うのです。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ