諏訪大社の本殿は何処に/諏訪周遊4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

「甲州道中口・番屋跡」から甲州古道を離れ、
諏訪大社の見物に回ります。
人気のない道を正面まで、自転車は徐行です。

諏訪大社風景

駐輪場はあるのでしょうか。
これまで数多くの神社仏閣その他名所を
駐輪施設の不備故に素通りしてきた経緯あり、
今回は如何に。

香取神宮からHere we 水郷・・・
続きです。 ポタリングモードながら 利根川から南下してきた自転車は 香取神宮に到着です。 お決まりの参道風景ですが、 何せ都心から電車で余裕の3時間越えの秘境、 観光バスが乗り付けているとはいえ、...
養魚場は猫が自給自足/箱根再訪6
続きです。 元箱根の観光客の多さに追われるが如く、 自転車は箱根・芦ノ湖の東岸伝いに 移動を再開しています。 想定ルートの再掲です。 とりあえず箱根神社には 駐輪施設があるかどうか? です。 神社見物そのも...

諏訪大社風景・千尋池

自転車を曳き曳き「千尋池」の脇を通り、

諏訪大社風景

大鳥居の前に来ました。
観光地観光地していないのは社の性質か、
岡谷市・諏訪市あるいは長野県の県民性か。

諏訪大社風景

諏訪大社、正確には「下社秋宮」の大鳥居。

諏訪大社(すわたいしゃ)は、長野県の諏訪湖の周辺に4箇所の境内地をもつ神社です。信濃國一之宮。神位は正一位。全国各地にある諏訪神社総本社であり、 国内にある最も古い神社の一つとされております。

アレ諏訪大社って何処? という向きには
上記リンクを参照する必要あり。
要約すると、
「諏訪大社は古事記や日本書紀にも登場する。
古代の神社には社殿がなかったとも言われており、
古くからの姿を残す諏訪大社にはその通り
本殿と呼ばれる建物がない」のだそうです。

諏訪大社風景・参道

ふと振り返ると背後はモダンな現実世界で、
下諏訪から伸びる参道と街、
そして山々が見晴らせる絶好の立地なのでした。

諏訪大社風景

諏訪大社風景・境内ガイド

諏訪大社風景

案内をざっと見たところで、
さてそれでは行こか、と思ったところで。

諏訪大社風景

車とバイク、自転車は
鳥居を右脇に進んだ入り口から奧へ。

諏訪大社風景

諏訪大社風景

あまり環境はよろしくないとはいえ、
「駐輪場」の案内表示のある駐輪場所でした。
少し考え、写真右奧の程良いヒョロ木に
自転車をロックしました。
なにせ今や甲州街道を走りきった自転車として、
市場価値は計り知れませんので。
(誰も値をつける人がいないの意)

諏訪大社風景・案内図

駐車場にもよくある案内地図。
正面の案内よりもわかりやすいこと度々。

諏訪大社風景

「斎館」の脇から本殿(あれば)方向へ。

斎館(コトバンク)

諏訪大社風景

樹齢いくつよ、という樹木が並びます。

諏訪大社風景・根入りの杉

境内の通り道に真ん中に「根入りの杉」

諏訪大社風景・根入りの杉

樹齢およそ六〜七百年、
自転車でほっつき回って見た中で傑出して古い、
というわけでもありません。
内のどれかはさば読んでいるのかもしれません。

諏訪大社風景・神楽殿

すぐ「神楽殿」が見えてきます。
さほど広大な敷地というわけでもありません。

諏訪大社風景・神楽殿

人が引きも切らず、
写真撮影の人は苦労していたようです。

諏訪大社風景

売店・・は響きがよろしくない。
「授与所」と言うのだそうです。

授与所(Weblio)

諏訪大社風景

「参集殿」と書いてありますが、
「斎館」の別名か、もはやわかりません。

諏訪大社風景・さざれ石

諏訪大社風景・さざれ石

「さざれ石」は平安時代に発見の・・
奉納品とあるので余所にあったものらしい。

諏訪大社風景

諏訪大社風景・幇拝殿

神楽殿の奧に回ると「幇拝殿」
無闇にカッコいい建築でした。
どれくらいカッコいいかと言うと、
・・見た目に惹かれ、うっかり「御柱」が
右方向にある筈なのを見逃したくらいです。

御柱祭(wikipedia)

諏訪大社風景・幇拝殿

カッコよかったのは事実です。
さほど古い建築ではなかったものの。
てっきり本殿かと思い込んでいた、
という事実は無論隠蔽です。

諏訪大社風景・幇拝殿

ご祈祷の方たくさん。

諏訪大社風景・幇拝殿

諏訪大社風景・幇拝殿

諏訪大社風景

ぶらぶらと駐輪場に戻ります。
遠くに小さく我が自転車が眺められた故の
「ぶらぶら」で、
こういう場のいつも通り、
デフォルトは盗難危惧の駆け足気味なのです。

諏訪大社風景・温泉手水

「温泉手水」は源泉のまま、
触った観光客が「熱い熱い」と言っていました。
自分は猫舌なので遠慮しました。

諏訪大社風景

駐車場から出た脇には、
大社に寄せられたか「八幡社」「恵比寿社」。
こちらの方はほとんど人気なし。

諏訪大社風景

大型バスなんかは参道の坂の下で
止められているのものか、
大きな寺社でよく見る、入り口正面周辺が
車でごった返すような雰囲気はありません。

諏訪大社風景

もっとも、
サイクリング客は目にできませんでした。
上諏訪からここまで、
総じてサイクリストは数が少なかったのです。

諏訪大社風景・八幡坂

参道の坂「八幡坂」を下ります。

その後、あまりに気持ちのいい坂なので
上り直してしまったのでした。
正面の参道から参拝する気分を
味わいたかったこともあり。
ロードバイクの面目躍如です。
下諏訪宿の宿たるところもまだ見ておらず、
しばらくこの辺をうろつく必要もあるのです。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ