下諏訪宿は甲州道中よりも中山道推し/諏訪周遊3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

自転車は諏訪湖を望みつつ甲州古道を辿り、
諏訪大社に至っています。
しかし当面のターゲットはここではなく。

下諏訪宿・諏訪大社

諏訪大社の正面を横切って左へ。

下諏訪宿風景

門前町らしい佇まいの道です。

下諏訪宿風景

一般観光客に意味のある案内には思えず。
自転車にとってはまあまあ感慨あり。
よく見ると大して高い場所ではないものの。

下諏訪宿風景・歴史民俗資料館

中山道・下諏訪宿の歴史民俗資料館です。

下諏訪宿風景・歴史民俗資料館

特に駐輪場所が見当たらないこともあり、
ここは雰囲気だけ味わいます。

下諏訪宿風景・甲州道中と中山道合流の地

何かを予感させるようなカーブを
自転車で気持ちよく曲がると、

下諏訪宿風景・甲州道中と中山道合流の地

「甲州道中・中山道合流の地」石柱が見えます。

下諏訪宿風景・甲州道中と中山道合流の地

下諏訪宿風景・甲州道中と中山道合流の地

甲州道中の終端に着いた、と言って良いようです。

とはいえ、何となく中山道推しの印象です。
公道の路面を横切る埋め込み表示か何かを、
入れてくれると、
観光客の撮影ウケもぐっと違うと思うのですが。
自分としてもこみ上げるものがチョイ不足気味。

下諏訪宿風景・宿場問屋場跡

奧の「宿場問屋場跡」の建物は
「運輸業務一切を仕切った」と案内があります。
しかし観光地の狭い場所繰りは大変とはいえ、

下諏訪宿風景・宿場問屋場跡

下諏訪宿風景・宿場問屋場跡

駐車場との兼ね合いにおいては、
問題ありの展示と言えるでしょう。
旅人の憩いの場所であっただろう「綿の湯」の
由来は読めず。

下諏訪宿・綿の湯跡

下諏訪宿風景・宿場問屋場跡

下諏訪宿風景・本陣岩波家

少し左に中山道を進むと下諏訪宿の本陣、
岩波家の門があります。

下諏訪宿風景・本陣岩波家

下諏訪宿風景・本陣岩波家

甲州街道中、至る所で遭遇した明治天皇巡幸の地も、
これで最後。
最後のせいか入館料もお高め。

下諏訪宿風景・本陣岩波家・中山道

ここまでの甲州道中および諏訪大社を振り返り、

下諏訪宿風景・中山道

下諏訪宿風景・中山道

下諏訪宿風景・本陣岩波家・中山道

本陣の入り口から
彼方に消えていく中山道を見送ります。

甲州道中口・番屋跡

全体に中山道フィーチャーの雰囲気の
街道から引き返し、
諏訪大社寄りの小道に入ります。

甲州道中口・番屋跡

甲州道中口・番屋跡

「下諏訪宿甲州道中口・番屋跡」の
奧の階段は諏訪大社の奧に
通じているらしく見えます。

番屋(wikipedia)

甲州道中口・番屋跡

角っこの突き当たりでもあり、
こちらの方が甲州街道の終わりとしての感慨が
若干湧いてきました。
自分の甲州街道撤退と、それに続いた延長戦も
これで終わりのようです。
・・・中山道へ続く彼方を
垣間見てしまったところですが。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ