最後は高島城から上諏訪周辺/諏訪周遊11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

三之丸御殿裏門を見てから、
もうちょっとだけ高島城内を歩きます。
あえてロックしない自転車を曳き曳き。
ここは犬と同様の扱いです。

高島城風景・諏訪護国神社

城内の南側は「諏訪護国神社」
明治の建築らしい。
明治・昭和の戦没者を祀っているとのことで、
ネームバリューの無い新しめの死者を訪う人は
まばら、身につまされます。
建築はかなりカッコいいのですが。

高島城風景・角櫓

城内をぐるりと回り入り口付近に戻ってきました。

高島城風景・角櫓

角櫓は、これも「復興」とあるので再建築か。

お茶が飲めるあたり、
サイクリングイベントなんかが開かれて
人がたかっている未来を想像してしまいます。

高島城風景・角櫓

高島城風景・冠木橋

元来た「冠木橋」を渡り、

高島城風景

高島城を後にします。
お堀も石垣も立派なものですが、
やっぱり水城たるの景観の利点をもう少し・・
以下同。

上諏訪風景

古都らしい上諏訪の街をポタリングモードで
走ります。

上諏訪風景・丸高蔵

さすが古そうで由緒ありげな味噌屋・丸高蔵、
と思いきや案外そうでもなかった・・。

まあ観光の努力と開発ということです。

高島城・三之丸

大事なのはむしろ、その脇にありました。

高島城・三之丸

古くはこの付近まで高島城の三之丸で、
家老屋敷なんかもがあった並びらしい。
舟でこの辺りまで来ることができたのかも
しれません。
開発がてら、高島城の堀とつなげての
観光資源とするのもよいかも。

高島城・三之丸

滔々と流れる・・もとい蕗で水面が見えぬ川が
武家屋敷の並ぶ中を流れる様子を想像しながら
景観の中を走ります。

上諏訪風景

やや寂れた印象の商店街や、

上諏訪風景・湖明館通り

昭和初期あたりの街なみの湖明館通りを抜け、

JR上諏訪駅西口

JR上諏訪駅に戻ったところでゴール。
上諏訪を発し下諏訪・諏訪大社と岡谷市内を回り
釜口水門から諏訪湖周遊をして、
文字通り駆け足ながらも(自転車ですし)
早や午後もよい時間になっていました。

通り一辺ではありながら、
街道筋とそれが交わる拠点たる宿と大寺社、
また古都としての見どころ沢山、
周遊しやすい諏訪湖畔、
素晴らしいサイクリングのキャパ・・・
もとい観光資源に恵まれた諏訪一帯なのでした。

残念なのは都市圏、この場合は東京から遠いこと。
ちょっと覚悟しなくては輪行費用も
バカになりません。
本来なら宿泊費用発生の案件でしょう。
今回はオトナの夏休みとして
「青春18きっぷ」も活用し日帰り強行軍を
決め込みましたが、
同じボンビーがどれほど多いというのか、
帰りの各停は上諏訪駅からエラい混雑のまま
都内まで立ち続けることになりました。

輪行中年は青春18きっぷで夏休み
今夏はこれまでになく自分の輪行熱が ヒートアップしてしまいました。 その交通費がバカにならないので、 生まれて初めて「青春18きっぷ」を 購入してしまいました。 青春18きっぷ(wikipedia) 青春18きっ...
青春18きっぷでやり直しの上諏訪/諏訪周遊1
甲府城のある甲府盆地から 延長の甲州街道を自転車で走り、 諏訪湖の端・上諏訪に辿り着いたところで 時間切れになってしまいました。 上諏訪駅から諏訪湖に至る道だけでも、 いかにロードバイクといえど 諏訪周辺を見て回るには時間不足で...

それだけならいいのですが、
自分でも挙げた輪行帰りの困難のオンパレード。

輪行帰りで気をつけるポイントは/輪行考2
輪行が迷惑、というネットのニュースから、 輪行マナーを再度考えています。 挙げられているマナー見直しの項目に、 駅構内での動き方が欠けていると思われたので 自分で気に掛けているポイントを 以下、サンプルとして書いてみま...

このあたりは心理的負荷をそのまま取るか、
コストに換えて他の鉄道利用者の迷惑を避けるか、
改めて考え込んでしまうところです。
救いと言えば、
最近流行のキャリーケースの旅行者が多く、
ジャマ度でいえばこちら以上に思えたことくらい。

混雑と迷惑プレッシャーを耐えつつ、
帰り着いたのは青春18きっぷの期限の
わずか3時間ほど前だったのでした。
そうして自分の久しぶりの夏休みは
夏休み最終日の宿題に泣いた
小学校の思い出と共に終わったのでした。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ