公道(車道)で怖いのは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

同じ公道(車道)を走り
強固にして重量がありスピードも速い車に対して、
危険や恐怖を感じない日はありませんが、
敵対的な感情を持っているつもりはありません。
こちらが通行のルール上の判断ミスをして、
先方もヒヤリとしただろうし悪いことしたな、
と思うことも多々あります。

ただ、先方が強者であるところは動かしようのない事実。
ただし強者としての大きな責任を負ってもいるので、
弱者としてもそれなりに気を使っているつもりです。

首をあちこち回して、曲がるよ周囲見てるよポーズとか、
狭い道で業務用の大型車が後ろに付いた時は
いったん脇道に入ってやり過ごすとかです。
事故なんかでお金と手間暇を無駄にしたくないことでは
条件は同じだと考えているので。

だから、強者の責任の自覚ではなく
力を振りかざすつもりらしい車に対しては素直に腹を立てます。
後ろから交差点を曲がってきて
こちらをかすめるように抜き去っていく車に遭ったことが
数度あります。
都内の、きまってオサレ系な広い道で、
いずれもお高価そうなお車でした。

お高価い車でもスポーツカーは車体が低く
空力も影響するのか音に気がつきにくく、
後ろからだと不意に足元から現れる感じで、
かなりびっくりします。

この前、
そうやってこちらをギクリとさせたスポーツタイプのオープンカーが
前方の赤信号で不自然な止まり方。
やたら左寄りで路側帯いっぱい。
自転車など脇を通れません。
次の赤信号も同様だったので、
今度はこちらは歩道を徐行して追い越し、
青信号で先にスタートしました。
もちろんすぐに抜かれましたが、
そのバックミラーに向かって
「BA〜KA」と口の形でメッセージを送りました。
(ブレーキランプが点灯した気がしましたが、
自意識過剰か?)
おかげさまでオープンカーは
オサレオヤジの嫌な野郎というイメージです。

それでも
そんなに嫌な目に会ったことはない方じゃないかと
思っています。

輪行帰りの駅で、
交番の横で自転車を組み立てていると、
年配の警官が出てきて
追っ払われるのかと思いきや、
自分もサイクリストと自己紹介をしてくれました。

組み立てながら自転車談義をちょこっとしましたが、
車相手には強気でいけというようなアドバイスをもらいました。
自分はそんなに困ったことないけど、
とは一応言ったんですが、
これからもがんばって自己主張してね、
と別れ際にも激励されました。
まあ一般よりは交通法規に詳しいでしょうから、
その視点からのコメントだったのでしょうが。
サイクリストとしての意見だったのでしょうか。

警官といえば。
山中の交差点で信号待ちしている時、
警邏中のヒマつぶしか念のため職務質問かわかりませんが
警官に話しかけられたこともあります。
どこから来たのか、とかどこまで行くのか、
とか。
え、この山越えるのとかそんなに距離走るの、
と素直に驚いてくれます。

ほか、
青梅方面の駅の交番近くで
輪行袋から自転車を組み立ててると若い警官が出てきて
「○○(ブランド名)いいなあ」って話になったことがあります。
気をつけて、って見送ってくれました。

少なすぎる例かもしれませんが、
警官は自転車に否定的ではないんだなあ、
という印象です。
それは公道で普段怖い思いをすることが多い身にとって、
少し心強い認識なのです。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ