山に上れずりんりんロード(8)そのうちまた来るんだし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

上ってくるサイクリストのグループもチラホラ。
鳥居の奧や右の女体山を目指すやら、
もっと先を上を目指しているようですが、
ヒルクライムお試しの自分は今日はここまで。
下ります。
そのうち本気出してまた来るんだし。

DSCN6808

DSCN6807

DSCN6820

筑波山神社への登りには
時節柄こんなものが掲げられていました。

ave

大きなお世話ですが、
つくばセンスのギャグでしょうか。
(上り下りの際には撮れず、
下りた後の道端にて撮影です)

つくばだけのことではありませんが、
水戸っぽって言葉があります。
土浦から自転車専用道が主で、
たいして多くの人間を見たわけではありませんが、
概して若い女子は
ヤンキーがかっている人をよく見かけ、
男性は体が大きい人が多い印象を受けました。
地域ごとの違いはあるだろうと思いますが、
映画「下妻物語」は茨城だった・・。

下妻物語

りんりんロードの感想としては、
目で挨拶をしてくれるサイクリストは多めで、
印象のいいコースでした。
見かける川は葦が繁っていることが多かったのは
意図か放置か土地柄なのか分からず。
川の中も周囲も
ゴミはほとんど見かけなかったので
これも印象は良いです。
リンリンロードの沿道は
水田か人家が多かったので、
堆肥系の匂いがつきまとうこともありません。
(人によっては重要なポイントかと)

先にも書きましたが、
土浦を午前に出発すると、
太陽を背にして走り続けることになるので、
日焼けをしたくない人には向いたコースです。

Wikipedia曰く、
旧日本軍では「真珠湾攻撃を実施せよ」を命じる隠語は
「ニイタカヤマノボレ(新高山登れ)」であったが、
「直ちに帰投せよ」を表す隠語は
「ツクバヤマハレ(筑波山晴れ)」であった。
だそうです。

筑波山

キレイに晴れわたる午後の筑波山を後に、
ブラウジング終了です。

DSCN6830

DSCN6834

DSCN6836

帰りはJR水戸線下館駅から輪行しました。

駅では可愛いヤンキーがかった女の子と、
そばに立つガタイのいい男の子を見ました・・。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ