輪行袋は早朝日曜大工編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

前日からの続きです。

そういうわけで輪行の手順は
見た目至極普通のやり方に
落ち着こうとしているところです。
あとは経験と
細々とした工夫の蓄積を待つところ。

とはいいつつ
ノラ気質あるいは精神的庶民とでも言うか、
王道を通ると必ず脇道に逸れる癖が出て、
妄想したり試してみては止めた例を
最後にいくつか書いてみます。

<試してみて止めた例>

やっぱり心理的負担が大きいので、
初心に戻り、(自分の。輪行の初心ではなく)
輪行袋で駅まで運ぶ方法を考えました。
キャリーバッグ方式がいいんじゃないかと考え、
キャスター的用途で、激安スケボーを買いました。
(輪行袋にキャスターを付ける等の案は、
直接加工すると重量が増し、
それを持ち運ぶ必要を考えただけで却下です)
キャスター付きの板に乗せ運搬し、
キャスターは駅のロッカーの置くという
多段式ロケットを採用しました。(キリッ)
さすが科学雑誌Newtonの創刊号からの読者だけのことはあります。
(イラスト見てただけだけどね)

科学雑誌『Newton(ニュートン)』は,最新の科学情報をわかりやすくビジュアルにお届けします。やさしく再編集した『Newtonライト』や,テーマごとに編集された『Newton別冊』,指と眼と耳で楽しむ『Newtonデジタル版(iPad版)』なども刊行しています。

さて、この構想に基づき諸々工夫を加え、
製作した試作版ver.01がこちらとなっております。

sukebo

・・・。
ま、まあ人間見た目じゃありません。
当時はズレ防止とかいろいろ
工夫が加えてあったのですが、
分解お蔵入りして残っていたのがこれだけです。

これに縦に輪行袋を乗せ、
キャスター台ごと長いゴムバンドで簡易結束する、
という方式でした。
さて実行結果です。
移動中のズレは少なかったのですが、
ズレると荷物荷物重量があるため
位置修正が大変でした。
曲がり角などでの操作性は、
キャスター付き運搬カートとほぼ同様。

駅ではもちろん空いたロッカーが必要ですが、
これは事前にロッカーの位置・空き状況を
チェックしていました。
ところがロッカーにキャスターを入れたところで
トラブル。
小銭が足りなかった・・・orz
近くに自販機は見当たらず
ロッカーにスケボーキャスターを入れたままにして
駅前最寄りのコンビニまで輪行袋を担いで行き、
飲み物を買っておつりに小銭をもらい、
漸うロッカーまで引き返して来ました。
すると駅員がロッカーを探っていたところで、
自分のものであることを
説明しなければなりませんでした。
キャスターは輪行の帰りにロッカーから回収。

以上をやりきっての結論は・・・
「もうやらない」です。
運搬もそれほど楽ではなかったし、
ロッカー利用の手間・費用等、
普通の輪行よりかかりが大きいと判明しました。
まあ、バカはやらなきゃわからない。
仕方ない。

<妄想した例>

ただ全く無駄だったわけではなく、
スケボー案の延長で、
自転車自体のホイールがあるので、
それを活かせないか、という構想だか妄想に移行しています。

最近は3Dプリンタが使えるフリースペースなんかもありますし。

気軽に買える価格ではないけど、とても気になる3Dプリンターを誰でも利用できちゃうカフェをご紹介。

ほか、
普段使いの自転車に輪行袋ごと
自転車を乗せていく案もあり、
それ用に梱包の縄なんか用意したりしましたが、
それこそ最大級に目立ちそうで、
テストすらできません。
ドラえもんの「独裁スイッチ」があったら、
町内の住人をいったん一掃してテストに踏み切ろうと
手ぐすね引いて待っているところです。

ドラえもんのひみつ道具 (とあ-とこ) – Wikipedia

シンプルに言えば、
もっと輪行が増えると
恥ずかしさが軽減される筈なのですが。

最終結論というか、イロハのイで
自転車趣味の人とつるむ、
友人・家族を自転車趣味に引きずり込む、
などが妥当なところですが、
まあ気ままが一番なもので。

JRとか鉄道・バスの会社が、
何かキャンペーンをやってくれないものでしょうか。
「そうだ京都行こう」みたいな。

たとえば・・・・
「そうだエンコウより輪行しよう」
・・・却下。
失礼しました。

<今日のひとネタ>

時々、調布空港に隣接した公園に立ち寄ります。
空港に戻ってくる飛行機を真下から眺められるのです。
もう長いこと、この飛行機で行ってみたいと思っているのが、

トラベルロードの伊豆七島ツアー、調布飛行場から行く伊豆大島ツアーのご案内。

伊豆大島。

第59代ミス大島がご紹介するちょっとDEEPな伊豆大島「Island Life」

もう暖かい模様です。ぜひご一考を。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ