房総半島にて棚田を探したのだ(1)雨上がりのお空に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

wikipediaによると、
埼玉は「面積に占める河川の割合が多く、
全国47都道府県で最大の約3.9%となっている」
そうです。

埼玉県(wikipedia)

今年は埼玉によく出かけ(もちろん自転車で)、
数々の川沿いを走りまたは横切ってきました。
よく使うのは多摩サイクリングロード、
地元の玉川上水、仙川、野川あたりは
このブログでも頻出です。
形状といい長さといい景観といい、
川は自転車=サイクリングと
相性がいいと言えるでしょう。
大きな川にはサイクリングロードが
もれなくついております。

と独り合点して、それでは川とは何か、
と読んでみたのがこの本です。

Amazonで藤岡換太郎の{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

7章目は「川がつくった段々畑」まで進み、
はたと、
まだ自転車で段々畑を
見にいったことがないことに気が付きました。

ついでに、段々畑と棚田は何が違うのか?
と改めて思い当たり、
畑と田んぼの違いというあたりは
生まれて初めてくらいに意識したのですが、
本と合わせて調べてみて
辿り着いたのは「河岸段丘」や「棚田」、
ブラタモリ頻出用語です。

河岸段丘(wikipedia)

棚田(wikipedia)

長雨ばかりとはいえ秋と呼べる季節を迎え、
自分が見たいのは「棚田」であるようです。
「棚田百選」なる語も見えます。
最寄りでは千葉県に
「大山千枚田」があるようです。
行ってみることにしました。

千葉県南部の鴨川市にある棚田「大山千枚田」。棚田百選に選ばれた棚田のうち、唯一雨水のみで耕作を行っているのが特徴です。秋には1万個のLEDライトが棚田を優しく照らす「棚田の秋祭り」が開催され、年間通して楽しむことができます。東京からスグ行けちゃう情緒溢れる風景「大山千枚田」に皆さんも癒されてみませんか?

経路としては、
多摩・武蔵野方面から輪行で
お茶の水を経てJR千葉駅に到達、
そこからJR内房線を使い、
木更津をスタートと想定しました。

おおまかな地図経路は
以下となります。

ゴールでは下手をして余裕があったら
鋸山に上り、
あまつさえ金谷港からフェリーで
久里浜に上陸しようかという
甚だ鼻息荒い計画となりました。

秋雨前線が長らく停滞し
家に降り込められ、
自分の脚力を忘れたためと
フラストレーションの噴出とで
誇大妄想に陥ったと見えます。

土曜日もやっぱりの雨で潰れ、
雨は降っていないというだけで
決して良い天気と言えない先週日曜、
勢いで出かけました。
暴走気味です。房総半島だけに。
(おやじギャグ以下です)

続きます。

<今日のひとネタ>

ちょっと壮大過ぎて、日本ではどうかという規模の
サイクリング・イベント、のプロジェクト。
その名も「TOKYO BIKE TOUR」。

これについてはソースはアレかな?
という思い当たりもあり、
いつか書いてみたいと思います。
この場は紹介のみ。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ