火山ガスから脱出・危機一髪/箱根再訪7

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

続きです。

芦ノ湖東岸を北上したところで、
自転車は湖を離れ
再び上りに入ります。

箱根山周囲をぐるりと回って
早雲山や宮ノ下を通り、
再び箱根湯本に戻る想定ルートです。

箱根風景

峠を上って県道75号に合流するつもりなのです。

箱根風景

一見のどかながら、
湖岸のリゾートホテルを利用の自動車や
大型観光バスがしきりに通る道です。

こんな写真を撮り坂の途中からリスタートすると
スピードが出る前のふらつきがあるので、
車の途切れたところを待たなくてはなりません。

箱根風景

県道75号に突き当たって左折、
北上向きの上りが続きます。
高度700m余の元箱根に至って
ほぼ上りを終えたような錯覚から目が醒めると、
千石原近くまでで200mほどの上りなのでした。

箱根風景・芦ノ湖

ゴルフはやらないのですが、
この打ちっ放しは爽快そう。

箱根風景

とはいえ自転車は先に進みます。
バッティングセンターだったら
寄り道してしまったかも。
トスバッティング用バッティングスペースを併設、
ではどうでしょう。

箱根駒ヶ岳ロープウェイ

箱根駒ヶ岳ロープウェイが頭の上を交差します。

箱根駒ヶ岳ロープウェイ

ロープウェイ直下には網が張ってあるのでした。
客車が落ちて来たらこんな網では保たない筈で、
客とか荷物の道路への落下防止程度の
つもりなのでしょう。

片側車線一杯の大型観光バスがばんばん通り、
車道脇に避けていてもあまりいい気がしません。
こんなところを歩く観光客もいないのでしょう。

箱根風景・芦ノ湖

だいぶ上ったとみえ、
木々の間から湖面がかなり下に見えました。
芦ノ湖が見えた最後なのでした。

箱根風景・湖尻台下

伊豆箱根バスのテリトリーに入っていました。
バス停名は「湖尻台下」
高いんだか低いんだかよくわかりません。

バス事業開始80年を越える信頼と実績。安全・安心をモットーに、快適な移動空間をご提供します。

箱根ロープウェイ

今度は箱根ロープウェイ。

箱根風景

左を進むと、下って再び芦ノ湖岸の街です。
(間違って途中まで下ったので確かです)
直進して、

箱根風景

県道県道735号に乗り換えます。
上りで余裕無く、
しばらくするといつの間にか、
734号に接続しているのでした。

神奈川県道735号大涌谷湖尻線(wikipedia)

神奈川県道734号大涌谷小涌谷線(wikipedia)

箱根風景・火山ガス

「火山ガスに注意」の警告板。
停車して立ち止まり撮影・・・。

箱根風景・火山ガス

白く枯れた林を停車して撮影・・・。

箱根風景・火山ガス

警告を無視して
渓谷を立ち止まり撮影・・・。

箱根風景・火山ガス

・・・。

箱根風景・火山ガス

ダッシュして脱出です。
ガスは出てないと思いますが、
しばらく沿道の森の木は斑のハゲチョロゲ・・。
(死語)
(・・うまいこと言ったつもり無し)

尻に帆掛けての逃げは、Garmin edge520が
今回最速の猛スピードを記録していました。
・・それもその筈、峠の最頂部を越え
既に下りに入っていたのでした。

反対から上ってきたとしたら、
どうなってたのでしょうボク・・。

箱根風景・早雲山上

箱根風景・早雲山

下りに下り、
いつの間にか早雲山に至っていました。

箱根風景・強羅

そして強羅。
標識鵜呑みですが。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ