養魚場は猫が自給自足/箱根再訪6

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

元箱根の観光客の多さに追われるが如く、
自転車は箱根・芦ノ湖の東岸伝いに
移動を再開しています。

想定ルートの再掲です。

とりあえず箱根神社には
駐輪施設があるかどうか? です。
神社見物そのものが二の次だったりします。

箱根風景・脚の湖畔

湖岸沿いの遊歩道はこの辺でおしまい。

箱根風景・脚の湖畔

箱根風景・脚の湖畔

箱根風景・日吉神社

こちらは沿道途中の「日吉神社」

箱根風景・箱根神社

箱根風景・箱根神社

ほんのちょっとした坂を上ると箱根神社の入口です。

箱根風景・箱根神社

箱根風景・箱根神社

脇の車道を進みます。
駐車場への案内表示があるのです。
駐輪場も付属している可能性あり。

箱根風景・箱根神社

駐車場専用の入り口がありました。
軽車両も進んでみます。

箱根風景・箱根神社

箱根風景・箱根神社

立派な駐車場ですが駐輪設備は無し。
駐輪場その他の案内無し。
サイクリストの姿も見えませんが、
箱根はこんなものか、平日だからそうなのか。
比較材料が足りませんが、
休日の箱根に自転車で来る気がしないので
今後も材料が増える見込み無し。

箱根風景・箱根神社

車での参拝者への参道入口。
駐輪場所を探す努力もせず、
想定ルートに従って先へ進むことにしました。
今回はあくまで箱根周遊初回の位置づけ、
とにかく一周してみることが目的なのです。

箱根風景・箱根神社

「車お祓い所」への案内あり。
車のお祓いは高麗神社で初めて見て、
こんなものがあるのかと感心したものでした。

夕暮れの渡来の里・高麗神社はペダル以外早回し/巾着田8
続きです。 高麗神社の参道に自転車は進入しています。 高麗神社に到着です。 鳥居正面と車道を隔てた反対側に駐輪場、 というより駐輪スペースがありました。 あきらかに近隣から来る自転車向け...

箱根風景・箱根神社

湖岸の道をまた走り始めると、
別の参道入り口がありました。

箱根風景・箱根神社

箱根風景・箱根神社

上に見えるのは「お札所」の鳥居でしょう。

箱根風景・箱根神社

湖面へ下った先には「平和の鳥居」が見えます。
結構な人出が下って行きます。
そしておそらく左の歩道から
元箱根方面に向かうのでしょう。
こちらは行ったら戻らざるを得ないので
眺めるだけにします。

箱根風景・箱根神社

お迎えの船、ではない・・。

箱根風景

なおも湖岸の道を進むとプリンスホテルや
山の上ホテルなどリゾートホテル群が、

箱根風景

湖に向け開けた景観を支配しているのでした。

箱根風景

そんな高級リゾートホテル沿いの
「幅員狭小・カーブ多し、自転車走行注意」の
道を庶民自転車が進みますよ、と。
車が通らなければ至極気持ちの良い道なのでした。

箱根風景・芦之湖漁協蛭川養魚場

「芦之湖漁協蛭川養魚場」は猫が運営していました。
(写真・右下)

箱根風景・芦之湖漁協蛭川養魚場

自給自足の楽天な経営中。

箱根風景・芦之湖漁協蛭川養魚場

敷地内も車道も猫が行き交います。
車道は大丈夫でしょうか。

箱根風景

この辺が芦ノ湖の見納めか。

続きます。

<今日のひとネタ>

ソーラーパネル付きバックパックの発売です。
「INFINITY SOLAR BACKPACK」
「スマートデバイスユーザー」必携、だそうですが。

確かにバッテリーは気になるところですが、
モバイルバッテリーなら大きめでも数百グラム。

モバイルバッテリー, 交換用バッテリー, ケース型バッテリー の優れたセレクションからの 家電&カメラ のオンラインショッピングなどを毎日低価格でお届けしています。

背負うものとはいえ、
重量2.2kgは人を選ぶのじゃないでしょうか。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ