関所を回避するのはミスか人情か/箱根再訪5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

目前に上りがなくなり平坦区間と思う間もなく、
元箱根の街に向け
自転車はいきなり下りに入ります。

箱根風景

ここでこれまで見かけなかったサイクリストが
ようやく登場。
追い抜いていかれただけですが。

こちらは曲がりくねった坂で
スピードを殺しながら下るのに割と必死です。
ここで落車したら観光客のオジチャンオバチャンの
注目と同情を一身に集め、
いいミヤゲ話になって拡散されてしまうこと必定。

箱根風景

ここから神奈川県道732号湯本元箱根線・
旧東海道から左側、国道1号へ。

箱根風景・芦ノ湖

「元箱根」の標柱です。

箱根風景・芦ノ湖

下り終えたらそこが元箱根の街なのでした。
さすが山と湖水に挟まれた立地。
正面が「遊覧船乗り場」の案内。

箱根風景・芦ノ湖

真っ直ぐ進むと遊覧船乗り場と、

箱根風景・芦ノ湖

そして芦ノ湖。
残念なことに(自分の)箱根の象徴・海賊船が
遠ざかっていくところでした。

箱根 芦ノ湖遊覧船 4つの港と航路のご案内

輪行袋を使って湖尻港まで船、
という選択肢もあるなあと思いました。
山中湖へ抜けるような必然性とか
コストと荷作り・荷解き手間が合わなさそうで、
我ながら現実性は薄そう。

箱根風景・芦ノ湖

カップル・家族連れがそぞろ歩きしている波止場を
自転車を曳きながら歩きます。
(たしか自転車は遠慮セヨ標識もあり)

箱根風景・芦ノ湖

遊覧船が去った後の芦ノ湖。
上の遊覧船有りの写真の方が実のところ
いかにも芦ノ湖らしい。

箱根風景・芦ノ湖

湖のすぐ近くまで山が迫っているのが
これもいかにも箱根。

箱根風景・箱根神社

湖畔から見える箱根神社の第一鳥居。
日本一大きな鳥居だそうで、
万有引力の法則により
フラフラとそちらに引き寄せられます。

箱根風景・箱根神社

国道1号に出て、自転車でゆるゆる接近します。
箱根駅伝の名所でもあるらしいですが、
だいたい中継がここに至るまでに
コタツで寝てしまうのが恒例で、
目撃できた例し無し。

箱根風景・箱根神社

山中気兼ねしてきた大型観光バスの発着所が
先にあるらしく、
観光客が大挙して降りうろうろしています。
ホイールが自然、明後日の方を向きます。

と、ここで重大なミス。
観光客とバスの数に目を眩まされ
この先に箱根の関所があるのを失念して、
そのまま後戻りをしてしまいました。

元より今回の箱根再訪は
初回のとにかく一周のつもりで
箱根の箱根たる歴史を見て回ることは今後、
と考えていたものの、痛恨のミスです。

こうなればブラタモリ本の箱根編の刊行を待ち、
入手してから箱根再々訪を期すしかないようです。

それまで小田原編と日光編でお茶を濁すか・・。

AmazonでNHK「ブラタモリ」制作班のブラタモリ 5 札幌 小樽 日光 熱海 小田原。アマゾンならポイント還元本が多数。NHK「ブラタモリ」制作班作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またブラタモリ 5 札幌 小樽 日光 熱海 小田原もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

箱根風景・芦ノ湖

「賽の河原」も観光客回避で国道1号を隔てて。

箱根風景・箱根神社

そのまま芦ノ湖岸を北に、
箱根神社の第二鳥居を過ぎます。

箱根風景・箱根神社

箱根神社の案内あり。
自転車でどこまで行けるか、
どこかに自転車を置けるかを考えます。

箱根風景・箱根神社

「弁財天」は井の頭ので代用として、

弁財天は花見客には人気薄/井の頭公園3
遠来自転車ごっこは 駐輪して見物モードに入っています。 心だけ自転車に乗っています。 御殿山遺跡(と知ったばかり)の 坂を下ります。 昔から意外すぎることに、 「スピード注意!」の看板で判るとおり 実は...

「吉田松陰碑」は松陰神社も見たのでヨシとして、

松陰が神の街/世田谷2
続きです。 井の頭線の明大前(方面)から 自転車で南下し、国士舘大学の近くまで、 到達しています。 松陰神社の近くに国士館大があるのも 背景がある模様です。 中には「松陰寮」もあるとやら。 狭い自転...

「矢立の杉」は・・・
笹子峠で字面をさんざん見たのでいいことにして、

矢立の杉を横目で見つつ笹子峠を登る/甲府へ撤退4
続きます。 甲州街道を自転車で撤退中です。 国道20号線を離れ、 この道でいいのか心配になるほどの 盛り上がりのない道です。 どうも歴史保存・活用の関心が 薄過ぎではないでしょうか。 こっちは仮想・徳川幕臣の千と百人の大部...

などと姑息なことを考えます。

天平以来とはまた古い。
できることならちょっと見てみたいところです。

まあ通り道でもあるので、
行けるところまで実際に見てみるのが一番。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ