まず元のZWIFT環境復帰に至るまで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

余談に属することながら、
ZWIFTを昨年の春に試した初日は
自分を含めた参加者全員がなぜか
2頭身だったのでした。
そう「ゲゲゲの鬼太郎」に出てくる
妖怪ぬらりひょんのような。

鬼太郎&ぬらりひょんで画像検索

CGでリアルに作られた風景の中で
これもリアルな顔をした2頭身が自転車を漕ぐ画は
シュールかつ薄気味悪かったのですが。
おまけに折良く夕方薄暗くなって
雨まで降り出したりなんかして。
フリートライアルのせいだろうか、
有料登録か何かしたら現実と同じ7頭身
(失礼、実は6くらいだ・・)になるのかと
設定あちこちの他ネットでいくら調べてみても
同じ現象について記述された記事は見当たらず。
悩みつつ別な日にログインしてみると
普通の頭身になっていました。
あの現象が何だったのか、未だにわかりません。

ともあれ。
そんなこともあった昨年春までに
自分が用意していたのは以下。

・固定式サイクルトレーナー
(エントリーレベル)

MINOURA(ミノウラ) LiveRide LR341がトレーニングバイク・マシーンストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

・ガーミンのANTスティック
(PC接続のスピードセンサー読み取り用
&延長USBケーブル)

ガーミン フィットネス機器用 USB ANTスティック 並行輸入品がUSBメモリ・フラッシュドライブストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

・GARMINスピードセンサー&ケイデンスセンサー
(普段使い用スピードセンサーを
下記トレーニング用ホイールに流用)

・トレーニング用後輪ホイール
(ローラーで削れても良いタイヤ&
安物のホイールとスプロケット)

・Macbook pro
(ZWIFTアプリのインストール済)

さあて始めるか。

・・ZWIFTアプリがスピードセンサーを
認識してくれない・・・。

ZWIFTアプリにログインしてから
(アナログトレーナー環境においては)
ケイデンスとスピードセンサーが感知されないと
ZWIFTの実走画面に移行しません。

ZWIFTデバイス接続画面
感知すると各センサーがブルーに変わります。
この段階をスキップして
何も出来ない見物モードでも入れますが、
それで何の意味があるでしょう?
(といいつつ入ってみて、
走り去る自転車達を見送ってみる自分・・)

この時点で、
自分が春にどんな設備と設定をしていたのか
はっきりとは憶えておらず、
Garmin Edgeやらケイデンスセンサーの接触等
思い当たるものをあれこれと、
不具合のチェックや原因をネットで検索するやら
検索にヒットした記事の環境と
自分のそれの相違を把握するとか。
その日はそれだけで終わってしまいました。

また時間の空いた日の夜、
空しくセンサーの認識しないことを確認したり、
ネットで不具合情報を検索したりする内、
ふと思い出したことがありました。
夏の輪行中に「・・が電池切れです」のアラートが
Garmin Edge520画面に現れ消えたことがありました。
しかしEdge520の充電も使用にも問題はなく
「何を言ってたんだ?」と放置していたのでした。
あれはセンサー系のアラートだったのでは?

試しにスピードセンサーをホイールから外し、
電池を入れ換え・・ようとして電池の予備無し。
出かけて電池を買ってくるという水入り。

電池を交換し、クランクを手で回してみます。
すると・・ZWIFT画面のセンサーがブルーに。
続いて、昔見たZWIFTの実走画面に移行。
やれやれ。
何と単純かつしょーもない
不具合原因だったことか。

さてまたZWIFTやるか、と考えた日から
1週間ほどかかってようやく、
昨年春の初期状態への復旧です。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ