車体も自分もリハビリテーション

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

最近は輪行の遠出が多く、
(それもムダに終わったりして)
遠くの知らない土地では
ルートや交通状況に気を払ってばかりで、
純粋にホイールが回る感触だとか
景色をよく見たりだとか、
自転車本来の味わうことが不足気味でした。

そういう感覚を得たいと思うと、
自分のごく平均的かそれ以下の速度で
慣れた道を廻るのが一番に思えます。

そんな訳で連休の初日は、
午後に雨が降りそう天気予報なので、
朝ポタのみのリハビリとしました。

近所の井の頭公園や
玉川上水沿いの道を廻るだけで
戻ってきました。
慣れに慣れた道で交通量も知れたもの、
ほとんど危険もなく気を緩めて、
季節の移り変わりと周辺の街並の変化を
眺めながらゆるゆる走ってきました。
ちなみにノーヘル。
徐行レベルのスピードを出さないこと前提で。

天気が良くなく、
早朝であるとはいえ、
夏服でいたら鼻が出るくらいの涼しさで、
もう装備も考えなくてはいけないようです。
温度の変化の大きい時期で
それらを着ない時間帯もあり、
また遠出の荷物が増える季節となりました。

ブレーキも水分を含んでいるのか、
絞ると音が出る気味。
車体は久しぶりのせいか、
思ったよりも軽めですが、
ギアは掃除して油をさしたのがだいぶ前だと
思い出したりします。

しかしこの時期にぐずついた長雨、
何なのでしょう。
梅雨の時にカラだったのを
取り戻さんとしているかのようです。
しかも平均的に、天気予報よりは
太陽が出てることが多いように思えます。

田舎から東京に出てきた頃からすると、
最近は電車も乗客への配慮系の問題で頻繁に停まり、
事故予防というより世評予防のように思えるのですが、
気象予報にもそんな気味はあるんでしょうか。
勘ぐってしまうところです。

自転車は天気の影響モロかぶりなので、
予報を信じ、
しかも見知らぬ土地であることを懸念して、
結果、遠出すること躊躇すること多数の日々です。

朝ポタをしていても、
1人もサイクリストを見かけませんでした。
普段の休日となると
多摩川サイクリングロード行きと思われるサイクリストが
多く見かけられる道なのですが。

今日1日の終わりで振り返ると、
天気は保ったのですが、
連休中の予報はずっと雨マーク。
私のこころは雨模様。

GOLDEN BESTがJ-POPストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

<今日のひとネタ>

輪行の手間が減るのならそれに越したことはなし。

群馬県前橋市の中央前橋駅と桐生市の西桐生駅を結ぶ上毛電鉄は平日朝の混雑時を除いて自転車がそのままの状態で車内に持ち込める。通常の運賃のみで追加料金なし。市民のみならず、赤城山麓でサイクリングを楽しもうというサイクリストが賢く利用している。

現状の輪行は、輪行者(?)の負担が大きい。
やっぱり周囲の環境です。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ