奥多摩むかしみちはムズカシ道(6)行き止りを迂回する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

このあたりで、
参考にさせていただいたサイト再掲です。

東京青梅・奥多摩周辺のレンタサイクル(貸し自転車)は下りで楽々、青梅で乗り捨てOKなTREKKLINGトレックリングへ!奥多摩湖や御岳、むかしみち、日原渓谷、鳩ノ巣、美術館めぐり、青梅七福神、吉野梅郷などサイクリングコースも提案!

DSCN0449

林道を脱け出しました。
この程度の未舗装路ならば、
自転車を曳いて凌ぐことができそうです。
(伏線です)

DSCN0448

DSCN0452

DSCN0454

DSCN0459

DSCN0463

DSCN0464

林道を出たところに並ぶ地蔵の
左手に進みます。
再び舗装路に復帰です。

slobe

民家にスロープのレールが見えます。
居住地の特性を生活に生かし、
なおかつ傍目では楽しそうです。

DSCN0473

DSCN0475

手洗い兼の槐(さいかち)木休憩所です。

DSCN0480

特に眺めがいい、ということは
ありませんでした・・・。

DSCN0483

道なりに進みます。

DSCN0484

DSCN0485

一枚岩なんでしょうか。

DSCN0487

トロッコ線がここにまで伸びているらしいです。

DSCN0497

DSCN0498

もう付近ではあちこちに
小さく水が沁みだしていたり、
岩伝いにチョロチョロ流れたり、
噴き出しているところが散見されます。
汲んでいこうか、と思いつつ、
そのうち自販機があるだろう、と
スルーします。
(伏線なわけです)

DSCN0502

大雨でも降ると、
さぞかしカッコイイ水の噴出が
見られるのでしょうが、
大雨ではここに見物に到達できないジレンマです。

DSCN0504

集落の中に入ります。
舗装が途切れない保証のようなもので、
安心の反面、
迷い易いというデメリットありです。

DSCN0506

mejirusi

むかしみち入り口で見た案内表示のコレに
従っているわけですが。

DSCN0507

それに従うと
右から下ってきて右折、
画面奧に進んでみます。

DSCN0511

どこかで読んだ「階段あり」がコレでしょう。
たぶんここは迂回するところと判断し、
元の道に戻り、
そこから下ります。

DSCN0512

(下ってきた道を振り返って撮影)
左手、国道411号線が見えます。

DSCN0514

下りた地点は
西東京バスの桧村停留所に出ました。
しばらく国道411号線を奥多摩方面に向かいます。

DSCN0517

山の側面をぐるり迂回した感じで、
桧村橋の手前まで来たところで

DSCN0518

右の小道に入ります。

DSCN0523

無事、目印を発見です。

DSCN0524

振り返るとこんな感じ。
おそらく、
先に引き返した階段を登った山を巡って、
降ってきたのがこの階段なのでしょう。

DSCN0526

「むかしちず」とでも言いたい味のある地図で
むかしみちルートから
はずれていないことを確認。
なんとか進んでいます。

続きます。

<今日のひとネタ>

自転車の本場、台湾からの訪日誘致ですが、
プランが出来上がったら、
日本人もぜひ使いたいところ。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ