奥多摩むかしみちはムズカシ道(2)ワキをシテとする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

続きです。

奥多摩駅より手前の駅で降りることを
思いつきました。
狙いは降りたホームが
改札に直結していること。
さらに言うと、
奥多摩駅のような混雑に遭わないように、
です。

怪我の功名ながら、
これはいいアイデアだと思いました。
奥多摩駅は青梅線の終着駅で
休日は特に登山客が多く、
それらは大抵駅前で集まったり、
荷物装備の最終チェックをしたり、
バスの発着を待ったり降りたり、
で駅前が混んでいるのです。

輪行袋を解くにも
良いスペースが少なく、
日陰も少なかったりします。
ついでにホームから改札まで
狭い階段があって混雑したりします。
小心輪行組はそれが治るのを
後ろから行って
待たなければいけません。

自転車なら徒歩と違い、
電車の一駅二駅、
全く問題ではないので
空いている筈の手前の駅で
悠々輪行袋を片付け、
混雑の奥多摩駅を
素通りする作戦に出ました。

そうして降りたのは
鳩ノ巣駅でした。
下りホームからママの
改札出口は狙い通り。
予想通り閑散もとい
閑静な佇まいの、
感じのとても良い駅でした。

DSCN0218

DSCN0220

DSCN0223

駅前広場ライクな道と公園があり、
その木陰でリラックスしてマシンを
組み立てることができました。

そうして駅前の坂を降って
国道411号線に合流するとすぐ
鳩ノ巣トンネルです。

青梅から緩やかとはいえ
上りを延々走ってくる場合であれば、
脇道に気づくこともなく
そのままトンネル突入のパターンです。

DSCN0226

今回は鳩ノ巣駅から国道411号線に合流する坂から
トンネル傍に迂回路らしい道が見えました。
今回は計画も出だしも
スタートからトンネルも面白くなく、
迂回路を行ってみることにしました。
寄り道気分も手伝っています。

DSCN0230

(迂回路の反対側、JR青梅線高架です)

なんてことのない道で、
国道411号線にすぐ復帰しましたが、
迂回路のリラックスに
すっかり味をしめました。
それで次の花折トンネルも
もろ手をあげての迂回です。

そしてその結果はというと・・・。

続きます。

<今日のひとネタ>

自転車で山へ行くことの魅力は
なんといっても自然の風景で、
その中でも山そのものや、
山道、川、橋、キリがありませんが、
もちろん「石」というのもあります。
子供の頃の犀川河原での石探しなんて、
忘れられません。
最近だと「おじゃる丸」の
カズマの石好きでしょうか。

アニメ「おじゃる丸」Eテレ 毎週水曜〜金曜 午後6時から。

ところがなんと
「石」になってみようというゲームがあって、
しかも人気があるとか。

「Rock Simulator 2014」は、世界のさまざまな地形のなかで自分の好きな石になれるシミュレーションゲームだ。「Indiegogo」での資金調達も成功した。

なんだ皆同じ嗜好があったのね、
と嬉しくなった瞬間でした。
さざれ石の君の生前退位が話題の
穏やかならざる今日この頃、
「わたしは石になりたい」を決め込むのも
いいんじゃないでしょうか。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ