奥多摩むかしみちはムズカシ道(1)輪行の難を何とする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ここ何度か秩父の山を走ったもので、
生意気に、
青梅・奥多摩が懐かしいぜ、
などと思いました。
それで生意気仕上げに、
奥多摩へ行くことにしました。

折良く、というかちっとも良いことはないですが、
関東の水不足が続いています。
もはや関東の水甕としての使命は担っていない
奥多摩湖である小河内ダムまでも
順調に水位を落としている模様ですが、
個人が心配をしても仕方ないので、
ここはひとつ、
水不足を目の当たりにして噛みしめてみる、
ということをしてみようと思いました。
平たく言うと「野次馬」です。

東京都水道局の公式ホームページです。東京都の水道に関する手続きや料金、東京都水道局の事業や取組、事業者の方向けの情報などをご紹介しています。

ついでに「奥多摩むかし道」を
合わせ技として辿ってみることにしました

自転車関連だと、
こんなサービスも見つけましたが

東京青梅・奥多摩周辺のレンタサイクル(貸し自転車)は下りで楽々、青梅で乗り捨てOKなTREKKLINGトレックリングへ!奥多摩湖や御岳、むかしみち、日原渓谷、鳩ノ巣、美術館めぐり、青梅七福神、吉野梅郷などサイクリングコースも提案!

正直、自転車、とくにロードバイクで
どこまで行けるのか、
未知数なところがあるので、
出たとこ勝負アリアリです。

当日、JR青梅線で輪行としました。
当初は青梅駅で降り、
自転車で奥多摩入りをするつもりでしたが、
当日の体調と気候を見て、
(特に気候はキビシかった・・・)
奥多摩駅スタートに考え直しました。

oume_rinkou
JR立川駅から乗った青梅線では、
途中駅で後部車輌と前部車輌を切り離しがあり、
最後尾に居た自分は輪行袋を担いで、
車輌を移りました。

すると今度の新・最後尾車輌では、
運転席の前の壁を、
前輪のみ外しタイプの輪行袋が
占領していました。

(タイプ例です)

実はこのタイプを見ると
最近の自分は警戒モードです。
前輪を外すだけで使用は楽ですが、
もともとのデザインが横幅を取るため、
周囲を気にする小心者には
使いこなせないシロモノです。
輪行していて見たところ、
使用者本人も、
置いてのうのうとしてる人が
多いイメージです。
今回も壁の真ん中にドカンと置いてあり、
こちらは端に斜め置きです。
片側に寄せて置いてあれば
壁半分のスペースで済むものを。
こちらも輪行の身の上にして
正直邪魔だと思いました。
幸い乗降客がほとんどいなくて
気を使わなくて済みましたが。

おそらく所有者らしいビンディングシューズの男を
座席の中に見つけましたが
デカい体躯のスポーツ刈りで
コワイのでクレームは控えました。
そのガタイなら平地から走って来いや、
と毒づくだけにしました。
心の中で。

そんなこともあって、
奥多摩駅より手前の駅で降りることを
思いつきました。
しかも狙いは降りたホームが
改札に直結していること。

はたしてこの目論見は・・。
続きます。

<今日のひとネタ>

サイクリング時の熱中症でしょうか・・。

【福島民友ネット】サイクリングに行く… 自転車と一緒に倒れていた男性死亡

サイクリング中の
熱中症らしき人を見たことは一度。
このまま行けば自分ヤバいかも、は数度。
皆様、お気をつけください。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ