韮崎・鰍沢横町から七里岩ラインに突入/続・甲州街道2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

甲州街道の延長戦スタートは、
JR中央本線・塩崎駅を出て間もなく。

甲州街道風景・船形神社の石鳥居

いきなりの自転車ストップです。

甲州街道風景・船形神社の石鳥居

「船形神社の石鳥居」は
こちらの甲州街道探索モードが整わぬ内の、
不意打ちの室町時代前期の建造物なのでした。

甲州街道風景・船形神社の石鳥居

700年ほど前の建造ということになりますが、
こんな道端の野ざらしにして
恐るべき立派な保存状態。
言われなければ、
コンクリートで作ったかと思うところです。
「材質は石英角閃石安山岩・・」
の詳細な記述が嬉しい。
甲州街道、懐が深い。
・・そう言いたいところですが、
例によって反比例して浅い我が事前勉強では、
おそらく古代から通じていたり
途絶えたりの街道やら小道やらを
甲州街道として整備しなおしたのだろう、
という印象でした。
そんなことを言えば五街道どころか
街道という街道も同じかもしれませんが。

ともあれ、室町時代建立の鳥居ということで、
自分の印象が裏付けられたような気がして、
ホイールも気分良く回ります。

甲州街道風景

古い街道の面影が見られる可能性を求め、

甲州街道風景

集落の中を分け入って自転車は走ります。

甲州街道風景

雰囲気はそれなり。
塩川が近いためか、高低差もあって楽しい。

甲州街道風景・塩川橋

「塩川橋」を渡ります。
「塩川」はこの先の下流で釜無川と合流、
そして信玄の企みにより「高岩」にぶち当たって
砕け散る運命なのです。

高い岩のフレーム/信玄堤9
続きです。 自転車は釜無川沿いのサイクリングロードを 走っています。 ただ、あえて言うなら 今現在の自分は自転車ではなく、 古来からの釜無川の激流なのです。 TV東京のドラマ「孤独のグルメ」では 松重豊演じる主...

甲州街道風景・韮崎

もっとも今回は自転車は川下りではなし、
遡行する方向で韮崎に入りました。

甲州街道風景・韮崎

どうも韮崎というと「世界のナカタ」出身高校の
イメージしかないのが困るのですが。

甲州街道風景・鰍沢横町

「鰍沢横町」の案内を見つけました。
なんという僥倖。
街道筋で当たり前と言えば当たり前ながら。

鰍沢町(wikipedia)

実はこの甲州街道延長戦、
いくつかサブテーマとでも言うような
目線を含んでいるのでした。

甲州街道風景・鰍沢横町

そのサブテーマに繋がる建築やら史跡やらが
見つからないことには話にならんので、
この時点では漠然レベルではあるのですが。
「鰍沢」はその中では、
ちょっと重要なワードなのでした。

甲州街道風景・韮崎宿

もっとも、肝心な「韮沢宿」があった筈の
韮沢の街には何もそれらしい史跡が
見当たらないのでした・・・。

甲州街道風景・七里岩ライン

韮崎・県道17号は走り易い良い道でした。
「県道17号」標識の下の
「七里岩ライン」が注目です。

甲州街道風景・七里岩ライン

「雲岩寺」とか、

甲州街道風景・七里岩ライン

小林一三の生家とか記念館とか、

小林一三(wikipedia)

小林一三についてご紹介しています。一三が創始した数々の社会事業・文化事業は、今もなお現代社会の中で発展を続けています。
Amazonで小林 一三の逸翁自叙伝 阪急創業者・小林一三の回想 (講談社学術文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。小林 一三作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また逸翁自叙伝 阪急創業者・小林一三の回想 (講談社学術文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

甲州街道風景・平和観音

「平和観音」の足下から

甲州街道風景・七里岩ライン

その「七里岩」が始まります。
上記のGooglemapリンク先で
「地形」のビューを選択すると
この付近の特殊な地形がよく分かります。
必見です。

甲州街道風景・七里岩ライン

甲州街道風景・七里岩ライン

甲州街道風景・七里岩ライン

右側の坂を上れば、
「七里岩ライン」の上からの眺望が
得られるのでしょうか・・。

甲州街道風景・七里岩ライン

しかし今は左の「七里岩ライン」を進みます。

※ 9/21修正
地図で見ると右側の上りが
「七里岩ライン」のようです。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ