恒例の深秋・奥多摩へ(3)秋川渓谷をまったり観察した結果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

奥多摩周遊道路を朝9時に通過となるよう、
自転車はまったりと進みます。
おかげで、これまで奥多摩を走って
気付かなかったものを見ることができました。

橘橋

一見なんでもない橋・橘橋ですが。

橘橋下の渓谷

橘橋

なかなかの峡谷と、
カッコいい階段で降りられる崖です。

橘橋案内板

「江戸時代には幕府直轄の御普請橋」だったそうです。
以下、案内板の写真です。

橘橋古代

橘橋明治

おっっ、自転車ですね。

橘橋大正

橘橋昭和

秋川渓谷沿いの道を進みます。

秋川渓谷

秋川渓谷

秋川渓谷

冬間近の早朝の色彩不足ですが、
ちょうど地形の面白さもあいまって、
写真の撮りまくりです。

秋川渓谷

秋川渓谷

檜原村滝めぐり案内

スピードは上げられません。
おそらく奥多摩周遊道路のゲートが
上がっていないので。
スピードは上がりません。
上りと貧脚のハーモニーで。
しかし運動量は充分で寒くはありません。

「なぜ信号無視が起きるか?」という問題に対し、
「停まると再び走り出すにはパワーが要るから」
と、ある講演で喝破されるのを聞いたことがあります。
上りも同じで、
動き出すパワーが必要なので、
ついでに上りだけで精一杯なので
なかなか止まることができない、
というより止まりたくないです。
今回のようなまったりモードは
なかなか貴重な機会なのです。

秋川渓谷

陽があたらないとこの有様。

秋川渓谷沿い風景

秋川渓谷沿い風景

道は川沿いに大きくうねりますが、

秋川渓谷

本体のハンパないうねりがこちら。

秋川渓谷沿い

相当な急流になる場所もあるらしく。

秋川渓谷沿い風景

おそらくは橋脚崩壊で橋も流され、
再建の目途も立たないまま。
近隣住民が自前で板を渡して
橋がわりにしているらしく見えます。
板の上にはハシゴが見えるので、
対岸からやってくる人だけが
この橋を使えるようです。
きっと帰る時にはハシゴを上げて
要塞完成なのです。
「家なき少女」ペリーヌが
池の小島の小屋で暮らすエピソードなんかが
思い出されます。
傍目からで申し訳ないのですが、
楽しそうなのであります。

ペリーヌ物語(wikipedia)

はて、こんなにまったりしていて
いいものでしょうか?

続きます。

<今日のひとネタ>

サイクリスト用の情報サイト「Cyclist」に

ロードレーサー、クロスバイク、マウンテンバイクからママチャリ、電動サイクルまで、自転車とサイクリングの情報満載。Cyclist(サイクリスト)はサイクルスポーツとバイシクル・ライフの総合ポータルです。

女性向けページオープンのお知らせです。

 「わたしらしく 自転車ライフ」をテーマに、『Cyclist』は12月19日、女性向けページ『Cyclist for Woman』(サイクリスト・フォー・ウーマ…
女性サイクリストがもっと気ままに自転車を楽しむための情報をお届けします。これから乗り始める人からベテランまで、「オシャレ、カッコいい、かわいい、健康的な」自転…

うう眩しい・・・。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ