アプト代わりの碓氷関所跡と馬車鉄道/中山道7

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

「アプトの道」に拒否られた自転車は、
半ば観光地と化した民家の中を北上し、

中山道風景・碓氷関所跡

旧中山道に突き当たります。

中山道風景・碓氷関所跡

右を向くと、
信越本線・横川駅と「碓氷峠鉄道文化むら」
「アプトの道」に立ち寄らなければ
辿ってきた筈の中山道・江戸方面。

中山道風景・碓氷関所跡

そして案内標識によると
左の軽井沢方面に関所がある筈。

中山道風景・碓氷関所跡

すぐそこにありました「碓氷関所跡」。

馬=自転車を繋ぐのが面倒で、
担いで上ります。

中山道風景・碓氷関所跡

江戸方向に向いた関所跡となっていました。

中山道風景・碓氷関所跡

よくわかりません・・・。

中山道風景・碓氷関所跡

中山道風景・碓氷関所跡

碓氷関所(wikipedia)

中山道風景・碓氷関所跡

関所の裏山。
関所を回避して抜けられぬものかな、
という目についついなりがちですが。
地形と付近の集落・住民ぐるみが
それを許さぬシステムを構築していたことは
ブラタモリの箱根編で解説されていました。
それを現地でチラ見した箱根行は以下。

石畳も走れると思われた/箱根再訪4
続きです。 箱根・甘酒茶屋、というより箱根旧街道休憩所で 充分休んで元気を回復し、 自転車は箱根湯本を目指します。 小田原からの想定ルート再掲です。 なおも上りは続きます。 が、高度は700mを越えて...

肝心の名所・箱根の関所を見逃した
サイクリング行ながら・・。

中山道風景・碓氷関所跡

高尾梅郷行以来、小仏関所跡と手付き石を
見逃したままにしているのを思い出しました。

高尾、梅の幻想路を行く(1)
今年初めての輪行で高尾へ向かいました。 3月12日・13日と「高尾梅郷梅まつり」があるのです。 地図はこちらに。 高尾梅郷梅祭 (または一つ前のリンク先の下部) お祭りというのは 自転車に適したイベントで...

碓氷関所跡では「おじぎ石」らしい。

中山道風景・碓氷関所跡

門の裏側から軽井沢方向を眺めます。

中山道風景・碓氷峠鎮魂碑

同じく中山道沿いの近所、「碓氷峠鎮魂碑」。
(ガードがとにかくカンペキでした)
ネット調べでは、
「各種交通機関建設に関わり殉職された方、
思わぬ災害や交通事故に遭遇し
尊い命を失った人達を慰霊する為鎮魂碑〜」
だそうです。

中山道風景・碓氷馬車鉄道

そして国道18号の再合流地点には
その「各種交通機関〜」のうちの一つ、

中山道風景・碓氷馬車鉄道

「碓氷馬車鉄道」の石碑。

馬車鉄道(wikipedia)

中山道風景・碓氷馬車鉄道

中山道風景・碓氷馬車鉄道

箱根と並び称される高低差555mの碓氷峠に
世界でも類を見ない馬車鉄道。
こんな優雅な姿であったのは
平地の駅周辺だけだったのでは、と推測。
日本で2番目という、
要するにノウハウあるいは常識が無かった故に
立ち上がった起業だったのかも。
昨今の起業ブームもかくや。
きっと乗客の荷物類は別途の運送方法だったに
違いない、と想像をたくましくします。
観光用にでも復活しないものでしょうか。

中山道風景・碓氷バイパスと霧積川

自転車は碓氷関所を離れ、
国道18号の碓氷バイパスを隣に見ながら
霧積川を渡り、

中山道風景・霧積川

国道18号を進みます。

中山道風景・霧積隧道

中山道風景・霧積隧道

ここから上りになるらしい国道18号・中山道。
その下を碓氷バイパスの霧積隧道が交差します。

中山道風景・霧積隧道

中山道風景・碓氷峠

穏やかな外見ながら斜度が増してきます。

中山道風景・原村の水神

上信越自動車道の下を潜ります。

中山道風景・原村の水神

高架下の水神の案内には、
松井田宿の標柱で見た「中山道分間延絵図」の
言及がありました。
坂本宿として整備される以前の村の水利が
「中山道分間延絵図」に描かれている由。
やっぱり「中山道分間延絵図」、中山道沿いの
要所要所に案内板にして設置すべきです。

松井田城址に立ち寄った理由は/中山道4
続きです。 自転車は中山道・松井田宿辺りと思われる 松井田町を走っています。 遠く見えない碓氷川に沿って、 相変わらずずっと続く緩やかな坂。 下りは無けれどロードバイクには丁度良し。 沿道に中山道...

中山道風景・原村

「原」の標識を目にして間もなく、

中山道風景・坂本宿

原村の水利の一端を目の当たりにする
その坂本宿に自転車は入ります。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ