五料の茶屋本陣で馬に乗る/中山道5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

国道18号に合流した中山道を
しばらく自転車は走り、
やがて「五料の茶屋本陣」の大きな看板が
目に入ります。

中山道・五料の茶屋本陣

中山道・五料の茶屋本陣

おうここがそうか、と案内板に近寄ると、

中山道・五料の茶屋本陣

まずは駐車施設の案内なのでした。
街道筋の見どころの案内不足をかこつ日々、
案内が多いのは助かるのですが。
その有無が史跡規模と駐車場有無次第なのは
やむを得ないことか。

中山道・五料の茶屋本陣

迷いこそしませんが「五料の茶屋本陣」、
駐車場からなかなかに遠い。
こちらは自転車でなんてことありませんが。

中山道・五料の茶屋本陣

「五料村高札場跡」がちょっとショボい。
ひょっとして実物大だったりするんでしょうか。

中山道・五料の茶屋本陣

信越本線の「お東踏切」を北へ。
踏切にも名前が付くことを初めて意識しました。
おそらく地名そのままでそれと気づかず、
見逃してきたこと多数なのでしょう。

踏切(wikipedia)

中山道・五料の茶屋本陣

出発してきた安中駅方面。

中山道・五料の茶屋本陣

そして下りは・・・横川駅方面。
あるいは軽井沢方面。

中山道・五料の茶屋本陣

中山道・五料の茶屋本陣

本陣の片割れ「お東」は
入り口としては使われておらず。
「お西」にお回りください。

中山道・五料の茶屋本陣

信越本線の線路沿いに「お東」に向かいます。
徒歩だとシンドそう、と自転車乗りは同情します。

中山道・五料の茶屋本陣

この風景の中では自転車はしばしば
馬に乗っているかのような妄想が得られます。

中山道・五料の茶屋本陣

「五料の茶屋本陣 お西」到着。
江戸期の白壁と昭和のポストのコラボがニクい。

中山道・五料の茶屋本陣

ここももちろん有料なのでした。
大人210円也。

五料の茶屋本陣を実際に訪れた旅行者が徹底評価!日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルで五料の茶屋本陣や他の観光施設のクチコミをチェック! 五料の茶屋本陣は安中・妙義で5位の名所・史跡です。

中山道・五料の茶屋本陣

曰く「江戸時代の名主屋敷で茶屋本陣」
「参勤交代などで行き来する大名や
公家などの休憩所」
「お西」中島家は「お東」と一年交替の名主。
たぶん名主を毎年やるには
経済的に立ちゆかぬという事情なのでしょう。
そういうお上からの無茶ぶりお達しの様子は
角倉了以の大堰川や高瀬川開削を描いた
「絢爛たる奔流」なんかに詳しい。
(中山道は全く関係ありませんが)

Amazonで岩井 三四二の絢爛たる奔流。アマゾンならポイント還元本が多数。岩井 三四二作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また絢爛たる奔流もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

中山道・五料の茶屋本陣

中山道・五料の茶屋本陣

失礼ながら、
門前から見える茶屋風景で満足します。
ブラウジングでもあり、先を急がねばなりません。

中山道・五料の茶屋本陣

元来た「お東踏切」を引き返し、

中山道・五料の茶屋本陣

絵になる山・妙義山とその前を走る
国道18号・中山道に復帰します。

中山道・五料平

中山道・五料平

最初の想定でも絵空事の小諸、
現時点でやっぱ無理だろの小諸まで42km。
そして最低限の達成目標・軽井沢まで21km。

中山道・五料平

大型車両は多めで走り難くはない国道18号。
(妙義山重視で交通量が少なめの時に撮影)

中山道・五料平

一人二人ほどサイクリストを目撃。

中山道・五料平

写真左、「旧中山道」の標識を見て、
信越本線の北側・県道92号を走ることにしますが、

中山道・五料平

特に旧街道を思わせるほどのものは無し。
強いて言うなら、国道より交通量が明らかに少なく
まったりと走れます。

中山道・信越本線

もっともすぐその信越本線に駅の設備が見え初め、

中山道・峠の釜めし

「峠の釜めし」の看板が見えたらもうそこは。

中山道・信越本線横川駅

横川の釜めし・・、
もといJR信越本線・横川駅なのでした。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ