輪行は安中宿を目指す/中山道1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

半蔵門から自転車で辿った甲州街道、
終点は諏訪大社近くの中山道合流地点でした。
京都まで行くわけにもいかず、
中山道の延び行く先をそこで見送ったのでした。

下諏訪宿は甲州道中よりも中山道推し/諏訪周遊3
続きです。 自転車は諏訪湖を望みつつ甲州古道を辿り、 諏訪大社に至っています。 しかし当面のターゲットはここではなく。 諏訪大社の正面を横切って左へ。 門前町らしい佇まいの道です。 一般観...

そもそも中山道は日本橋の起点から北上して
平野部である現在の埼玉・群馬を
経由しています。
埼玉北部への輪行拠点として川越を使い始めた頃、
中山道の石柱をたまに見かけたりして、
いつか中山道を辿ることも考えていたのでした。

そんなわけで、甲州街道を走り終えた今、
次はいよいよ中山道、と考えたのは自然の流れ。

起点である日本橋からスタートするのが
順序というものですが、
夏の暑い陽射しで焼かれたコンクリートと
信号で停まってばかりの街なかを
低速で走るのがいかに億劫であることか。

富岡八幡宮は富賀岡八幡宮と似ており/富士塚7
続きです。 本郷通り・東大を通り過ぎ、 神田明神も素通り、 秋葉原は万世橋で神田川を渡ります。 日本橋も近いこのあたりから 外国人観光客が動き出す場所と時間帯に突入。 岩本町・小伝馬町と自転車はいっさんに走ります。 ...

あえて言おう。
夏の自転車は山。
完全に自分の環境からの意見ですが。
特に冬の間にホイールを
最上位のグレードにアップして以来、
上りを苦にすること半減。
本人スペックのせいで
速さこそ全くアップしないものの、
もはや上りが無いと
走っていて物足りないくらい。
(激坂を除く)

DURA-ACE WH-R9100-C24の山レビュー/越生7
続きです。 山中にて越生から飯能に入り、 一気に山を下ると高麗川沿いの国道299号と 集落が広がります。 麦原川に負けじと、高麗川も極めつきの大岩を繰り出し。 そして同じく岩上には弁天様。 何...

夏の自転車は木々に囲まれ
涼しい山道に尽きます。
結局暑くて上りでヘロヘロになるのですが。
信号待ちで日焼けするよりは余程マシ。

というわけで、甲州街道の時と同じ、
街はずれで都合の良い山のある地点から
中山道を辿る自転車ブラウジングの、
エピソード2か3を始めることにしました。

甲州街道はもう秋なのだ(1)ああ川の流れたどったように
東京にやってきたン十年前、 兄と一緒に三鷹の北口に住みつきました。 入学後の新歓コンパなんかで頻出の質問に 「どこ住んでるの? 三鷹? ああ甲州街道の近く?」 というのがありました。 甲州街道とはそもそもなんぞやから始まり 地...

スタートは群馬県・安中。
JR信越線・安中駅はホームにエレベータも
エスカレーターもない辺鄙な駅ですが、
榛名山ヒルクライムの折に
何となく慣れてしまったのです。

安中スタートでヒルクライム再チャレンジ/榛名山5
続きです。 挫折から1カ月以上経った先日、 再び「ハルヒル」チャレンジに出かけました。 前回はヒルクライム前に 秩父〜高崎と高崎市内移動の計60km程走って、 調子に乗ってのヒルクライム突入でした。 そして程良くながらも...

そしてその時には気にもしませんでしたが、
偶然にも中山道・安中宿の地でもあったのでした。
これも何かの縁。
群馬における我が輪行の新ベース・安中から
自転車の中山道ブラウジングのスタートです。

なお今回のタネ本は
「ちゃんと歩ける中山道六十九次 東」です。

Amazonで八木 牧夫のちゃんと歩ける中山道六十九次 東 日本橋‾藪原宿。アマゾンならポイント還元本が多数。八木 牧夫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またちゃんと歩ける中山道六十九次 東 日本橋‾藪原宿もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ