新青梅街道の端で有刺鉄線に引っかかり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

強風の吹いた先週の土曜日、
武蔵野市方面から新青梅街道を使い、
西へ向かいました。

新青梅街道は青梅街道のバイパスで、
古い道らしく細かく曲がりながら
続いている青梅街道に比べ
新青梅街道は定規で測ったような直線を
つなげたように見えます。

広くない片側2車線であり、
ロードバイクに乗り始めた頃は
狭く大型車両も多く流れも速い見た目の
ミモフタモナイ感じに恐怖を抱き、
時間のかかる住宅街の道を選んだものです。

何年も経った現在振り返って
その恐怖心が克服されたかというと
全くそんなことはなく、
多摩川サイクリングロードを使うとか、
新青梅街道を走る距離をなるべく短くして
やり過ごしてきたことに
今さら気がつきました。
計画的に避けたこともあり、
合流してみてやっぱり心地よくないので
すぐ別な道に乗り換えたり。

さてよりにもよって強風の中、
そんな存在である新青梅街道を走ってしまいました。
やっぱり狭い車道をすれすれで
トラックや大型・中型車両、
車高の低いスポーツカーがバンバン走ります。
ただでさえそんな中で、強風のせいで
飛行機がエアーポケットに落ちるように
時たまふっとハンドルを取られたり、
ビルの角で方向を変えた突風が吹いたり、
ヒヤリとすること再三です。
スピードを抑え目で走りましたが、
途中からは向かい風に変わって
ふとサイコンを見たら時速18kmの表示でした。
住宅街を走るママチャリかいっっと
独りツッコミを入れました。

そんな風に延々と西進を続け、
強風で周囲に届かないのを幸い強風を罵倒し続け、
そろそろやっと目的地に向け方向を
変えられると思ったあたりで、
気になるものを見ました。
都道166号と交差した新青梅街道が
掘割方式で半地下に潜った横、
地上の歩道を徐行していたところです。

DSCN6926

(振り返って撮影、左が新青梅街道)

この有刺鉄線付きフェンスに囲まれた
広くしかもヘンな雰囲気の土地は何だろう?
昔の川、あるいは鉄道?
どちらともちょっと違うようです。

少し行った先には「みずほエコパーク」入り口があり、
上の写真で右の金網の外の雑木林がその敷地でした。
この「エコパーク」なる名称も意図来歴が見えず、
外観も何か、土地があるから使わなきゃ、
的な雰囲気が漂っているような気がします。
ヘンです。

DSCN6931

それで家に帰って調べて、
ようやくわかったことは。
というか一般常識レベルです。恥ずかしい。

一目瞭然です。

横田飛行場(wikipedia)

「オーバーラン」の項目に「南側305m/北側300m」
の記述があります。
もちろん基地内のことでしょうが、
地図上、敷地の北と南にも、
もしもの際の配慮が窺えます。
その配慮分の土地、ということになるようです。

オーバーラン(wikipedia)

そして「みずほエコパーク」の案内がこちら。

東京都瑞穂町みずほエコパーク、ドッグランもあります。ドッグラン使用料は無料です。大型無料駐車場も整備しています。  

世事に疎い方で政治的なことや
用地の活用方法や契約期間の考え方は分かりませんが
基地のそば暮らしにはあるあるやらチップスが
たっぷりありそうです。
以前、ちょうど基地の反対側・南の福生あたりの
小高い坂を自転車で走っていた折り、坂の反対側から
バカデカい軍用輸送機が突如爆音と共に現れ、
ビックリしてギガントってこんな感じかなあ、
などと思ったものです。

ギガントの画像検索結果

夏にはこんな催しもある模様。
「米軍横田基地友好祭」

2017年度横田基地友好祭。米軍ハウスが在る在日アメリカ軍横田基地の一般解放米軍横田基地友好祭フレンドシップフェスティバル。普段は決して見られない基地内の様子や...

駐輪場も設置されるようですし、
今年の夏はギガントもとい
基地内を覗きに来たいものです。
新青梅街道ではなく、
多摩川サイクリングロードから。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ