ヒルクライムのスタート地点に魚道を見る/榛名山2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

続きです。

秩父から自転車で走り始め、
山越え谷越え高崎に無事着いた勢いで
有名な「榛名ヒルクライム」コースに向け、
シャシャリ走りを始めてしまいました。
想定ルートはこちらです。

「榛名ヒルクライム」公式サイトの
ルートはこちらです。

コース アクセス 大会メイン会場 【大会メイン会場】 群馬県高崎市上里見町453 高崎市榛名体育館 TEL 027-360-8111 試走者用駐車場 高崎市へのアクセス方法

「ハルヒル」スタート地点に向け
自転車は高崎市内を走ります。

高崎市・烏川沿い風景

左に烏川が拓いた平地を眺めつつ、
緩やかな坂を上ります。
こんな風である内に、
高度を少しでも稼いでおきたい気持ち・・・。

高崎市・烏川沿い風景

と思っていたら再び川面が近くなり、
ちょっとガッカリ。

高崎市・烏川沿い風景

コンビニ脇にはバイクスタンドを目撃。
榛名山ヒルクライムを抱えた土地柄では、
こうでなくてはならんでしょう。

滑川風景・大森橋

滑川風景・大森橋

烏川本流となる前の支流系の滑川を渡ります。
用水にでもに引き込むのか
上流から護岸伝いに取水をしている模様。

滑川風景・堰と魚道

上流はと見ると、これまた立派な堰に魚道。

魚道コレクション/甲府へ撤退2
続きです。 江戸城を脱出し甲府城へ自転車で撤退中です。 世界観的に言えば、 周囲を千と百人の武装した護衛が 固めている筈なのです。 移動速度が遅いことの言い訳、 という側面もあったりします。 緩やかなが...

滑川風景・堰と魚道

長野堰で見た高崎台地に水を供給する設備の
一つでしょう。

滑川風景・大森橋

大森橋の手すりには魚道ユーザーである鮎の飾り。

高崎・大森神社

川を渡ると大森神社。
レース参加者にとっては、
ハルヒルのイメージの一つになってる筈です。

高崎・大森神社

高崎市役所榛名支所

大森神社の向かいには高崎市役所の
榛名支所の建物が見えます。
ハルヒル試走者用には
ヒルクライムの説明や注意をもらえるという
ネットの書き込みを見たことがあります。
ハルヒルスタートの時にはこの辺り一帯が
自転車で一杯となるのでしょう。

榛名ヒルクライムルート風景

こちらもここからスタートと考え、
身が引き締まる思いです。
もっともレースとか計測とかではなく、
単に上りきれるかどうかのハナシです。
ネットであれこれ調べたり読んだりしたところ、
どうやらこれまでの経験にない
厳しい上りであるらしいもので。

榛名ヒルクライムルート風景

榛名ヒルクライムルート風景

広く見通しのよい上りの道が続き、
トラブルが出にくそうとか
救護の出入りがし易さそうなあたりも
大会が開かれる理由かなと考えました。
上りのキツさ、が言わずもがなの
本命の理由でしょうが、
そちらはまだ本格的には味わっていない、
とみた方が良さそうです。
しかし既にかなり脚にくる上りなのでした。

榛名ヒルクライムルート風景

大会時にはこのあたり、
テントが設営されるの想像。
こちら都合では、今この瞬間、
ここに休憩所が欲しい気持ち。

榛名ヒルクライムルート風景

カーブを終え、
正面に来たのがおそらく榛名山?

ひたすら天気の良い日なのでした。
もっと言うなら陽射しが強く、もの凄く暑い。
おかげでペットボトル内消費が激しい。
いくつか自販機ポイントはありましたが、
重量を増やしたくなくセーブの気味容量を
想定以上のスピードで消費してしまいます。

スピードが出るところが誤ってる感・・・。

榛名ヒルクライムルート風景

榛名ヒルクライムルート風景

お、水車ポイントです。

榛名ヒルクライムルート風景

極小スペースながら水とコイの彩りが美しい。

榛名ヒルクライムルート風景

魚道と並び、
ホイールつながりで撮影する水車スタンダード、
今回も必須にて例外ではありません。
TPOからか「交通安全」の幟付き。

総集編的アプローチの乗り物コラボセレクション
多摩丘陵において 戦車道もとい「戦車道路」を走破(!)した折、 戦車と自転車が一緒の写真を撮りたかったなあ、 と思いました。 それというのも、 これまでもあちこちを自転車で走った先々で、 出会った別の乗り物と写真を撮ることを...

ところでここだけ何故か、
背景の空が灰色である不思議・・・。
(前フリが発動です)

榛名ヒルクライムルート風景

水車休憩から復帰して上り続けます。

ハルヒル案内セット

「ハルヒル」の距離表示と
「ハルヒル試走者の皆さんへ」注意書きセット。
残念ながら(富士山と違い)斜度表示は無し。

スバルライン料金所で高度と水補給の検討/富士山4
続きです。 自転車は富士スバルラインを 上りにかかっています。 有料の筈が無料区間が長く、 それはそれで落ち着きません。 前フリの長かった富士スバルラインに到着。 現金で往復料金200円のお支払い。 ...

悔しかったら斜度表示と、
できたらそのうち高度表示も頼む・・。

榛名ヒルクライムルート風景

上りが本格化してくるところで、
自分の疲労もじわじわ明確になってきました。
秩父から高崎まで上りも含め50km程度、
調子に乗って勢いだけで上り始めましたが、
相手はなにせヒルクライムレースのコース、
暑さがどうもハンパない日でもあり、
開けた山でここまで木陰も少なく、
想像以上にキツい上りになりました。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ