高崎を抜けヒルクライムの地へ/榛名山1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

北関東に新たな輪行の拠点を作るため、
自転車は秩父から高崎に到達しています。

高崎市(wikipedia)

JR高崎駅前

JR高崎駅前広場に立ち、
しばし考え事をします。

通り過ぎる女の子のレベルが高い気がしました。
ヤングでナウな男子にウケるよう、
雑誌通り忠実な格好をしているということか?
そんなこと思って
集団の女の子をぼんやり見ていたら
そのうち何人かが
遠慮なくこっちを見返してきました。
自分が過去の知り合いから抱くイメージ通り、
グンマ女性はやっぱり気が強いらしい。

閑話休題、考え事も終了。
秩父ー高崎間の移動が思いの外に早かったか
あるいは知らず急いだか、
単なる高崎市街の観光で終えるには
余る時間が多いようです。
高崎来訪の目的の内の一つ、
あるいは目的そのものと言って過言ではない
榛名山のヒルクライムに
このまま向かうことにしました。

有名なハルヒルこと榛名山ヒルクライムはこちら。

第5回 榛名山ヒルクライム in 高崎が2017年5月20日と21日に開催。榛名湖を目指す全長16.1km、最大斜度14%のヒルクライムレースです。5000人が榛名山を駆け上がります!

レースへの興味はほぼゼロですが、
そのルート自体への憧れは大袈裟に言うなら
ツール・ド・フランスの風景は走ってみたいけど
レース参加は問題外であるが如し。

フランス現地エリートチーム監督、元プロ選手がプロデュースする、本格観戦の決定版。アルプスのシャレーに3連泊。ホテルとは違うヨーロッパ式バカンスを堪能!

とにかく榛名ヒルクライムのスタート地点、
高崎市榛名支所を目指すことにします。

コース アクセス 大会メイン会場 【大会メイン会場】 群馬県高崎市上里見町453 高崎市榛名体育館 TEL 027-360-8111 試走者用駐車場 高崎市へのアクセス方法

高崎市街地

高崎駅の複合駅ビルの下と間をくぐり抜け、
駅西口の街へ出ます。
東口よりこちらの方が街として盛っている模様。

高崎市街地・中央銀座

「中央銀座」通りを素通りして西へ進みます。

高崎市街地・中央銀座

高崎市街地

なかなか良い駅前商店街です。

高崎市街地・高崎城址

観光しようと考えていた高崎城址は、
駅西側の市街地のあちこちに点在している形。
西進途中に見かけるだけで足りてしまうようです。

高崎市街地・高崎城址

そんな駅前の街を抜けると、

高崎市街地風景

城下町だった街が整備されたのか
広い通りと文化施設が集まる地域でした。
なんとなく「トップ・ギア」で見た
チャウシェスクの街並を思い出しました。

チャウシェスク 街(Google画像検索)

高崎市街地風景

高崎風景・長野堰

市街地を抜けしばらくすると、
「長野堰」に出会いました。

高崎風景・長野堰

高崎風景・長野堰

案内に曰く、高崎の街と長野堰は
「一級河川烏川と井野川に挟まれていながら
台地状の地形のために「水」には恵まれなかった。
その台地上で農業・生活の基盤となったのが
烏川を水源とする長野堰用水」
「開削の歴史は今から一千年以上前から」
「戦国時代に長野業政が現在の形を作った」

高崎風景・長野堰

高崎風景・長野堰

高崎の土地となりが腑に落ち、良い感じです。
西進を続けます。

烏川榛名白川サイクリングロード

烏川を渡ります。
「烏川榛名白川サイクリングロード」と
標識が見えたので立ち止まってみます。
なんとリンクもありました。

烏川・榛名白川サイクリングロード(wikipedia)

烏川榛名白川サイクリングロード

走り易そうではありますが・・・、

烏川榛名白川サイクリングロード

全容が「ボンヤリ」しております。

高崎・烏川

高崎・烏川

烏川、やけにチョロい流れと思えば、
どうやら支流であるようです。

高崎・烏川

本流の烏川はこちらの河原の
さらに向こうであるらしい。
榛名方向へ向け、烏川とは離れます。

榛名山

榛名の標識が見え、
いよいよという感じになってきました。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ