モバイルSuica不具合トラブルの経緯と結末(4)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

モバイルSuicaを改札機が読んでくれなくなり、
不具合解消の努力が裏目に出ています。
iCloudの接続をし直し、
帰宅途中であったため定期画面が表示できず、
自腹の切符購入で帰りました。

Appleサポートの言う
再読み込み完了までは最大24時間、
翌日の交通費まで自腹でしょうか。
会社休んじゃおうかな。
などと、かなり真剣にiPhone画面を見て、
いつ復帰するのか待ち続けました。
夜中にふと気付いて、
Apple Payで再度登録の設定をすると
再読み込みとなりあっさり元に戻りました。
余計な交通費を払わずに出勤できそうです。
やれやれ。

翌日は昼休みにまたAppleサポートに問い合わせ。
もうかなり頭にきていたので
恒例の身元確認もそこそこに、
やるだけのことはやり、
多大な時間までかけたもので、
もうセンサー系か物理的故障なのではないか。
換えの機種を出してくれというと
まもなくスペシャリストが出て来ました。
(以後、スペシャリストB氏(男性))

彼もまたこちらがまだ試していないやり方、
しかも再度の初期化レベルの内容を提案してきました。
しかしこちらがもう御免でした。
アプリとシステムの不具合を
何でこちらがこれ以上手間暇時間をかけ
テスターとなってまで
探らなければならんのか。
いいから代替え機を出せ。
そしてここまでのこちらの負荷に対し、
何かお詫びクーポンでも出す事例は無いのか。
(ああ本音だよやだやだ)

スペシャリストB氏はAppleAppleCareに
加入しているか質問してきました。

AppleCareは、Apple製ハードウェア、オペレーティングシステム、標準搭載アプリケーションのための幅広いサービスとサポートを提供します。

加入はしていないが、
ぶつけてでもして壊れたのならまだしも、
何もせず勝手に不具合になり
システム原因かどうかもわからんもので
修理代を取られるんですか。
(もう引くものか)
修理の提案についても、
その修理と配送にどれだけ時間がかかるのか、
その間のこちらの日常の不都合を
どうしてくれるのか。
(引かないぞ)

スペシャリストB氏曰く、
AppleCare内で保有する調整復旧した一台を
代替えとして出すことは
自身の権限でなんとかしてみる、とのこと。
新品は出せないのかと尋ねると
そういうサポートは出来かねる、という回答。
しばし考え、
それでもいいから換えてくれと言うと、
一旦AppleCareを利用した形になるので、
クレジットカードを登録して
無料の支払いをした形にしてくれ、
ということになりました。
了解して、ここで一旦時間切れ。

後でつらつらと考えていると、
いかにメンテ修復された機とはいえ、
(スペシャリストB氏は保証していましたが)
それは中古機種ということです。
不具合があった時の考慮要素が紛らわしいので、
自分は家電もパソコンも中古品は避けているのです。
やっぱり気が進みません。
そして現行と代替え機の配送のやりとり、
また保護シートの買い直しとか貼り直しとか。
どうも繰り返したくない手間が多過ぎです。

業務時間を過ぎ、
その時間に空けておくと言った
スペシャリストB氏に連絡を取り直しました。

実は考えたのですが、とB氏は
バックアップを利用しない復帰をして
不具合が出るか試す提案をしてきました。
モバイルSuicaデータはApple側クラウドと
モバイルSuica側とが分けて持っており、
どこに不具合要因のデータがあるのか
わからない、ということでした。
バックアップから復帰する限り、
別の機種に換えても
その状況は変わらない可能性が高い、と。

さてそれを聞いて自分は。

まだ1回続くのでした・・・。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ