モバイルSuica不具合トラブルの経緯と結末(2)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

iPhone7のモバイルSuicaが
改札機から認識されなくなり数日。
定期の日常使いははもとより
輪行で移動の際に不都合です。
何とか週末で復旧しなければなりません。

物理的にiPhone(のNFC)が故障しているか
アプリ側の不具合かがまず不明ですが、
まずアプリ及び設定で回復できるのか
確かめてみなくてはいけません。
もしiOSやアプリの設定もしくは
その組み合わせのどこかに
引っかかりがあるならば、
それらをイジってみたら
いわば回線が正しく繋がるかもしれません。

日曜日はiPhone7を持ち
街乗り自転車に乗って家を出ました。
作戦はこうです。
思い当たる設定を変更しながら
その度に検証をしなければならないので、
改札機の前でそんなことはやっていられない。
落ち着いて座れる場所のある
カード読み取り機能付き自販機を探して
トライアンドエラーを繰り返してみよう。

それで条件に合う自販機を探し
近所から駅前周辺を自転車で走り回ること小一時間。
結局理想的な場所には至らず
車と人の通行の邪魔にならない道端の自販機の脇に
自転車を停めました。
周囲をうろつきながらスマホをいじっては、
(iPhoneの設定やApple Pay、モバイルSuica)
自販機にかざすことをしばらく繰り返し。

結果、時間をかけて自販機を探した割に
すぐスマホいじりを終了。
まともにやってみると設定云々も
さほど変更する要素もなかったことと、
自販機には何ら反応はないものの、
iPhoneの画面には
「今回は支払いは発生しません」の
メッセージが出ます。
どうもハードウェアの故障ではなく、
センサー系からアプリへの情報受け渡しの
不具合に思えたためでした。

さて次の手は、iPhoneの不具合解消に
屋外へ出かけてきた目的のもうひとつ。
駅の窓口で事態の解消ができるかどうか、
あるいはSuicaカードに戻してもらえるのか
聞こうと思ったのでした。

結果、質問に行った「緑の窓口」は
特に解決方法を持っておらず、
連れて行かれた(いつもの)改札窓口では
モバイルSuicaに問い合わせ済なら
Appleに問い合わせてくれ、
ということでした。
残念だったのは、モバイルSuicaの解約と
払い戻しもアプリ上で行ってくれ、
Suicaカードに戻すことはできない、
カードにするなら改めて購入となる、
ということでした。
後からモバイルSuicaの利用規約なんかを見ましたが、
確かに上記対応と同じことは書いてあったのでした。
知らないのはそれを読まなかった
こちらが悪いのです。
・・真面目にそんなの読む奴いるか!と
感情的には納得できませんが。

正直、憤りながらそのまま駅前広場で
今度はAppleのサポートに問い合わせ開始。

Appleのサポートは当初女性でしたが、
向こうからの身元確認から始まり、
不具合内容とその解消への試みを
聞かれるままに答えていくと、
「スペシャリスト」という男性に
相手がバトンタッチしました。
(以後、スペシャリストA氏)

スペシャリストA氏は、
・NFC等物理的故障とアプリの故障の
可能性が考えられる
・物理的な故障の判断に至る前に
徹底的にアプリの問題ではないことを
検証しなければならない
と宣いました。

と書くと皮肉めいて聞こえますが、
ここまでのいくつかの電話サポートと
窓口で顔を合わせた人のどなたも
丁寧で正確で何ら問題のない対応でした。
それはそれでまた
こちらがダメな子にしか見えないという
問題ではあるのですが。

それでまずスペシャリストA氏のオススメは
アプリの削除、
それでダメなら初期化ということでした。
アプリの削除はまだ行っていませんでした。
なぜならモバイルSuicaのチャージがあるので
その情報が消えてしまわないのかが
わからなかったため。
スペシャリストA氏曰く、
ならばそれをモバイルSuicaに確認した上、
iTunesにiPhoneのバックアップを取って
アプリの削除を試して様子をみて欲しい、
ということで
スペシャリストA氏への問い合わせ先などを
伝えたメール先にもらって、
Appleサポートへの相談は一旦終了。

こちらは一旦家に戻り、
iTunesにバックアップを取り、
モバイルSuicaに問い合わせ。
・・・モバイルSuicaの電話サポート時間終了。
さすが親方(準)日の丸。

週末での不具合解消ならず、
闘いは翌週へと持ち越すのでした。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ