府中を10分で走る(1)府中郷土の森・交通公園のオトナ自転車は

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

少し前に、羽村「まいまいず井戸」を見物しました。
現物の予想以上の奇観と、それが駅前というギャップに
かなり満足を覚えました。

まずは五ノ神まいまいず井戸/羽村2
続きです。 さて輪行ではないものの、 JR羽村駅から自転車はスタート・・・ しません。 最近多摩丘陵を走った折に知った見どころが いきなりあるのです。 正確には、多摩丘陵を走って興味が出たので ネットで色々調べていた際...

まいまいず井戸(wikipedia)

Wikipediaで見ると、府中まいまいず井戸が
羽村よりさらに近く、
多摩川サイクリングロードの
目と鼻とホイールの先にありました。
もう見に行くしかありません。
「府中郷土の森」

問題は府中まいまいず井戸が羽村のそれのように
複合施設の中のオープンな位置にあるのか、
それとも府中郷土の森博物館の中なのか。
残念ながら、まんま後者でした。

公益財団法人府中文化振興財団

少なくとも自分の中では
美術館・博物館の駐輪施設は
自転車フレンドリーではないイメージですが、
(少なくともスポーツ車に対して)
そこは事前に駐輪施設を調査してしかるのち、
なんとかなるだろう精神で
多摩川サイクリングロードを遡りました。
そして玉砕した詳細です。

とある博物館の駐輪場にて(2)昭和?な社会の縮図を見る
続きです。 まず事前の駐輪場チェックではどうだったか、です。 川縁の広い土地を活用した複合施設で、 駐車場はかなり広く、 それは駐輪場も同じです。 ただ問題は、数カ所ある駐輪場なりスペースは どれも対象が自立スタンド付自...

ともあれ以下、
府中郷土の森公園含む府中郷土の森博物館に
自転車で行った内容です。

府中郷土の森公園

多摩川サイクリングロードを降りてすぐです。

府中郷土の森・交通公園

子供用の「交通公園」の部分です。無料。
もちろん車は走っておらず、
信号なんかあって楽しそうなので
徐行で走らせてもらおうかと思ったら、
「自転車乗り入れ禁止」の注意書き。
やっぱり。

府中郷土の森・交通公園

SLとか古い客車とか消防車とか
いろいろな乗り物が置いてあるのです。

府中郷土の森・交通公園

すでに昼近くで人出が多かったのですが、
今度は朝早く来て乗り物写真を撮ろうと思いました。
乗り物と自転車のコラボ写真を蓄積しているのです。

総集編的アプローチの乗り物コラボセレクション
多摩丘陵において 戦車道もとい「戦車道路」を走破(!)した折、 戦車と自転車が一緒の写真を撮りたかったなあ、 と思いました。 それというのも、 これまでもあちこちを自転車で走った先々で、 出会った別の乗り物と写真を撮ることを...

府中郷土の森公園

府中郷土の森公園内を博物館に向け、
自転車でのんびり徐行します。

府中郷土の森公園

いい公園です。
サイクリングロードは休憩ポイントやゴールの選択に
けっこう悩むのです。
多摩川サイクリングロードとの連動を
もう少し考えてくれると嬉しい。

府中郷土の森博物館

府中郷土の森博物館の入り口です。
駐輪前の一人トラブルで、
付近に滞在すること30分程度。

府中郷土の森博物館

「梅まつり」期間中のせいか、人出多し。

府中郷土の森博物館

肝心の梅は4分咲き、というところでしょうか。

府中郷土の森博物館

本館をスルーです。
まいまいず井戸だけ見てすぐ撤収するつもりでした。
カオがこの写真の視界を向いているまでは。
それが・・・。

続きます。

<今日のひとネタ>

立川の「たちかわ創造舎」で2月、連続イベント開催です。
「自転車乗りのカラダとココロのための連続講座」

たちかわ創造舎(立川市富士見町6、TEL 042-595-6347)で2月、「自転車乗りのカラダとココロのための連続講座」が開催される。

正直、まだ走るだけでも楽しい、という季節ではなく、
ちょっと走って寒い寒いと帰っては
消費カロリー以上にあたたかい豊富な食事とおやつを
補給してしまいます。
ムリして走って体重を減らそうと足掻くより、
イベント参加と勉強でコンディションを上げておくのも
ひとつの手かなという気がしています。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ